Yosci HY35-A02 [アメリカ軍戦車兵]

Yosci HY35-A02, U.S.Tank Crew
Sculpted by Yoshitaka HIRANO

平野義高氏原型のフィギュアたちの中で、殊更、着こなしが美しいのは、
ジャケットやコートをはだけたスタイルだと思いますし、
腕を負傷してリードグリーンデニム作業着の下で、または、コートの下で三角巾で腕を吊る、
ドイツ兵は、感に堪えぬほどのスタイリッシュぶりだと思いながら、
勿論、負傷兵表象しているのにスタイリッシュだとするのは、不謹慎かと思いつつ、
しかし、やっぱり三角巾含めてお洒落上級者の着こなしだと思わずにはいられず、
アァ、GSIクレオス、グンゼ産業時代の「ノルマンディーからの撤退」の3体組でのカタチは、貴重だったと思って、
今更模型店で探してみても、セットのそれは見つからず、
Tamyaの限定版ティーガーⅠに付属した砲塔に半分お尻乗せて身体を寄りかからせている彼の、
前はだけは、どこか、射出成型一発的なダルさを伴っていて、
ここは一つ、コート分割をスタイリッシュに決めるDragon社に、綺麗に浮いたカタチでの前はだけを、
出来れば、上着の下で腕を吊るカタチでと、妄想する次第で、
Dragon社の平野義高氏原型シリーズの二作目を、期待してお待ち申し上げておりますが、
今度はGen.2よりも、(revamped)Gen.1の方がいいかなぁ、とも、思います。

c0000507_03151.jpg
↑ジェリカンはTascaのもので仮に組む。
c0000507_032173.jpg
c0000507_032554.jpg
c0000507_033075.jpg
c0000507_033412.jpg


-----------------

Hornetized Ver.
c0000507_2258810.jpg
c0000507_22581687.jpg
c0000507_225824100.jpg

by tokyomonogatari | 2008-11-06 00:20 | U.S.A. | Comments(2)
Commented by フランキーの涙 at 2008-11-06 22:15 x
 早稲田祭でおじゃまいたしました、旋盤屋のものです。ラケットありがとうございました。楽しませて頂いております。
 
 ケガと三角巾、羽織った上着は男的にはかっこいいものと昔から決まっております。ミリタリーミニチュアは映画的絵画的な世界で傍から聞けばしばしば不謹慎なこともありますよね。
 コート裾の表現もパーツ分けで表現するドラゴンはその品数の多さからいってももっとも楽しめる模型メーカーなのですが、Gen2はさっぱり創作意欲を刺激されることがなく買ったことがありません。ただ平野氏原型もあるとのこと、探してみたいと思います。
Commented by tokyomonogatari at 2008-11-07 00:25
先日はありがとうございました。
ブログを拝見して、卓球ラケットミニチュアをちゃんと塗って下さった例に、初めて出会えました。
実は自分は、それらを、いつかちゃんと塗ろう、1/12では合板の側面の色の違いも出来れば表現しようと思い続けて、結局これまでに一つしか塗っていません・・・。

Gen.2は、やや下半身が短い傾向が、Gen.1よりも強く出てしまっている感があって、箱裏の見本で萎えますとか言いますと、
初めてのDragonフィギュアとして、6274を購入された、
あき尾道さんに申し訳ないことになるのですが、
6274は、イイです。

平野氏といいますと、先日の模型展示に来てくださったそれぞれ別の人と、
1日目、2日目と続けて、平野氏の造形はグッと来るという話をして、
やっぱりその造形センスは凄いと思わずにはいられませんでした。
<< 1/35傘の試作とTrista... ソヴィエト軍戦車兵と38(t)... >>