Dragon社 1/35フィギュア私選ベスト20 (2)

(8)Dragon 3316

Dragon社のヴェトナム戦争期モノの最高傑作はDragon 3316でございましょう。
ヘッドの造形と成形の綺麗さ、上半身と下半身のバランスが前者に偏り過ぎていない適度感が心地よく、
ヴェトナム戦争期のプレ戦闘ポオズのフィギュアの中でも卓抜な存在であり、それこそ明らかに必携のキットに仕上がっております。

c0000507_21257.jpg


c0000507_23162832.jpg


c0000507_4492822.jpg
c0000507_4492495.jpg
c0000507_4491982.jpg
c0000507_4491627.jpg
c0000507_4491235.jpg
c0000507_449683.jpg
c0000507_4484540.jpg
c0000507_4483523.jpg
c0000507_4482929.jpg
c0000507_4482449.jpg
c0000507_4481913.jpg
c0000507_4481327.jpg
c0000507_448823.jpg
c0000507_448296.jpg
c0000507_4475636.jpg
c0000507_4475060.jpg
c0000507_4474154.jpg
c0000507_4473475.jpg
c0000507_4472829.jpg
c0000507_4472316.jpg
c0000507_4471681.jpg
c0000507_4471082.jpg
c0000507_447389.jpg
c0000507_4465352.jpg
c0000507_4464873.jpg
c0000507_4464223.jpg
c0000507_4463753.jpg
c0000507_4463048.jpg
c0000507_4462660.jpg
c0000507_4462037.jpg
c0000507_4461712.jpg
c0000507_4461372.jpg
c0000507_446828.jpg
c0000507_446488.jpg
c0000507_4455953.jpg





-------------------------------------------------------------------













(9) Dragon 6343, Stalingrad Inferno

Dragon社1/35フィギュアは、「デスパレートな兵たち」=Dragon 6273のリリースによってGen.2の時代が到来しましたが、
完全な"世代交代"は行われず、再度旧来の="Gen.1"フィギュアもまたリリースされ、Gen.2フィギュアが出たり、Gen.1フィギュアが出たりの、
"二世代同居"の様相を経た後、今日では「小火器スプルーにGen.2の小火器が適宜同梱されるか、
或いはGen.2のものよりもパーツ・ブレイキング・ダウンを減らしたGen.2 Gearと称される汎用小火器スプルー同梱が同梱されるかした、フィギュア本体としてはGen.1方式のフィギュア」、というスタイルに落ち着きました。

Gen.2 Ageに突入したあの頃、Gen.2フィギュアの靴と手のパーツ、そして小火器、装備品のパーツ、そして徽章類のエッチングには感動したものですけれども、
フィギュア本体についてはGen.1の方が、抜きの制約上彫刻が甘くなる部分があるにせよ有難く、
像容、造形的にもGen.2よりもGen.1の方が"安定する"という感がありましたし、
これから全てGen.2の分割になると、その新世代は幸福な老後を約束してくれないのではないかという不安感、がGen.1のGolden Ageにどっぷり浸かった私にはございました。

そんな新世代への不信感、とも言うべきものに心が折れそうになっていた頃、
Dragon社がリリースしたのが、Dragon 6343でございました。
その販促ポスターには"revamped"と書かれており、つまりはGen.1方式のフィギュアが再び新商品としてリリースされ、"二世代同居"の時代を開いた、記念すべきキットがこちらなのです。

そのポオズも与えられた物語も美しく、Concord洋書の表紙のイラストで「これフィギュアで欲しいけれど出ないやろな」
などと思っていた私のアホさに激しく気が滅入り、アァ、Dragon様ありがとうございます、の感謝と同時に希死願望すら感じてしまった程に衝撃的なリリースだったのが、Dragon 6343でございました。

c0000507_104649.jpg
c0000507_1041167.jpg
c0000507_1041642.jpg
c0000507_1042123.jpg
c0000507_1042685.jpg
c0000507_1043110.jpg
c0000507_1043647.jpg
c0000507_1044025.jpg
c0000507_1044563.jpg
c0000507_1045127.jpg
c0000507_1045651.jpg
c0000507_105144.jpg
c0000507_105821.jpg
c0000507_1051422.jpg
c0000507_1052035.jpg
c0000507_1052731.jpg
c0000507_1053320.jpg
c0000507_1054540.jpg
c0000507_1055294.jpg
c0000507_1055850.jpg
c0000507_106527.jpg
c0000507_1061286.jpg
c0000507_1061842.jpg
c0000507_1062430.jpg
c0000507_1063151.jpg
c0000507_1063714.jpg
c0000507_1064442.jpg
c0000507_1065079.jpg












-------------------------------------------------------------------------------













(10) Dragon 6113

Dragon社の"アルデンヌもの"にはまず外れがなく、降下猟兵フィギュアにも買って損するものは無く。
アルデンヌの降下猟兵のDragon 6113と6141はセットで必携です。
つぶさに観察すると、6113のブーツは6141のものに比してやや大きめであったり、
6113の箱絵にはメガネの兵士が描かれているにも関わらず、Dragon 6020で供給されたエッチングメガネが与えられていないのに、
1/35メガネないしメガネ男子を渇望する私は落胆を禁じえないのも事実なのですが、
それを差し引いてもなお、降下猟兵でなおかつ静的ポオズであることの汎用性の高さと、
キット自体の造形、成形の良好さから、明らかに必携以外の何物でもない傑作キットでございましょう。

c0000507_7392955.jpg
c0000507_7393549.jpg
c0000507_7394010.jpg
c0000507_7394591.jpg
c0000507_739509.jpg
c0000507_7395577.jpg
c0000507_740142.jpg
c0000507_740582.jpg
c0000507_7401076.jpg
c0000507_7402324.jpg
c0000507_7404924.jpg
c0000507_7405442.jpg
c0000507_741055.jpg
c0000507_741754.jpg
c0000507_7411354.jpg
c0000507_7412010.jpg
c0000507_7412667.jpg
c0000507_7413135.jpg
c0000507_7414921.jpg
c0000507_7415663.jpg
c0000507_742397.jpg
c0000507_742999.jpg
c0000507_7421755.jpg
c0000507_7422325.jpg
c0000507_7423241.jpg
c0000507_7423873.jpg
c0000507_7424565.jpg
c0000507_7425082.jpg
c0000507_7425777.jpg
c0000507_743370.jpg
c0000507_743922.jpg
c0000507_7431742.jpg
c0000507_7432483.jpg



-----------------------------------------------------------------------------------
















(11) Dragon 6143, 3rd Fallschirmjäger Division (Ardennes 1944) Part 2

Dragon 6113とセットで必携です。

c0000507_973629.jpg
c0000507_974040.jpg
c0000507_974545.jpg
c0000507_975058.jpg
c0000507_975576.jpg
c0000507_98045.jpg
c0000507_98526.jpg
c0000507_9810100.jpg
c0000507_981593.jpg
c0000507_982062.jpg
c0000507_982524.jpg
c0000507_983086.jpg
c0000507_98355.jpg
c0000507_985148.jpg
c0000507_985780.jpg
c0000507_99350.jpg
c0000507_99982.jpg
c0000507_991437.jpg
c0000507_992190.jpg
c0000507_992778.jpg
c0000507_99345.jpg
c0000507_994139.jpg
c0000507_994694.jpg
c0000507_995441.jpg
c0000507_910137.jpg
c0000507_910839.jpg
c0000507_9101572.jpg
c0000507_910213.jpg
c0000507_9104384.jpg
c0000507_9104953.jpg
c0000507_9105625.jpg
c0000507_911263.jpg
c0000507_911876.jpg
c0000507_9111420.jpg











-------------------------------------------------------------------------------------

(12) Dragon 6144

通称「ハリコフの将校カンファ」
Dragon社のフィギュアには、上半身のヴォリュームに比して下半身のそれが小さめ、という傾向があります。
Dragon 6144においては、とりわけC=クルト・マイヤーの下半身が短く違和感が感ぜられます。
また、B=フリッツ・ヴィットのヘッドがどうにも似ておらず、特に頬の感じにヴィット氏感が無く残念なのです。

しかし冬季の将校カンファものはインジェクションフィギュア的に稀有ですし、
B-C間で地図を二人で持つのも稀有でこのような組みポオズが与えられたフィギュアは素敵で嬉しくなり、
Dの武装親衛隊防寒パルカ=ハリコフ・パルカの立ちポーズの胴体の出来の良さはそれこそ卓抜で必携、
かつ、私見Dragon社史上最高にクリスピーに成形された武装親衛隊将校帽のパーツが冴えに冴えまくっており、
インジェクションフィギュアの全体史を振り返っても、これ以上の武装親衛隊将校帽は存在せず、
Dragon 6144は最低限3キットは手元に置いておくべきフィギュアであると思います。


c0000507_120541.jpg


c0000507_120916.jpg


c0000507_1205937.jpg
c0000507_121360.jpg
c0000507_121818.jpg
c0000507_1211355.jpg
c0000507_121185.jpg
c0000507_1212336.jpg
c0000507_1212943.jpg
c0000507_1213568.jpg
c0000507_1214163.jpg
c0000507_1214796.jpg
c0000507_1215294.jpg
c0000507_1215928.jpg
c0000507_122573.jpg
c0000507_1221458.jpg
c0000507_1222488.jpg
c0000507_1223135.jpg
c0000507_1223716.jpg
c0000507_1224430.jpg
c0000507_1225075.jpg
c0000507_1225676.jpg
c0000507_123599.jpg
c0000507_1231345.jpg
c0000507_123227.jpg
c0000507_1233078.jpg
c0000507_1233799.jpg
c0000507_1234375.jpg
c0000507_1234862.jpg
c0000507_1235431.jpg
c0000507_124342.jpg






(13) Dragon 6456, German Officers (Kursk 1943)

Dragon社のフィギュア史はざっくりと、

(1)Gen.1時代
(2)Gen.2世代の登場
(3)Gen.1方式でリリースされるかGen.2方式でリリースされるかの二世代同居時代
(4)Gen.1の世代復古、小火器、装備品パーツへのGen.2スプルーまたはGen.2 Gearスプルーの付与時代

という流れとして捉える事が出来るのですけれど、
(1)の時代にはMike Good氏的造形のフィギュアと、Tristarのポスト平野義高氏時代の原型師的な造形が多く見受けられ、
(2)及び(3)のGen.2では顔面、とりわけ眼球をより明瞭に彫る原型師の仕事と、平野義高氏原型のフィギュアが登場し、
(3)の時代のGen.1方式のフィギュアで、シワが細かいながらもどこかメルティーでクリスピーでないフィギュアや、豪傑顔=コワモテ熱血漢のヘッド造形を特徴とする原型師の仕事が見受けられるようになりました。

Dragon 6456は、(3)の時代にリリースされたフィギュアです。
その男ぶりの強い造形の好き嫌いはあろうかと思うのですが、同時代のDragon社フィギュアに特徴的な、
豪傑顔の原型師の原型のフレイヴァーを、取り逃がし分少なく金型に彫刻することに成功した最高の事例がAのヘッドだと思うのです。

c0000507_2235947.jpg

c0000507_21535252.jpg

c0000507_21534528.jpg
c0000507_21533669.jpg
c0000507_21532752.jpg
c0000507_21531986.jpg
c0000507_21531125.jpg

c0000507_2235345.jpg
c0000507_2234737.jpg
c0000507_2234154.jpg
c0000507_2233585.jpg
c0000507_2232766.jpg
c0000507_2231684.jpg
c0000507_223760.jpg
c0000507_2225918.jpg
c0000507_2225145.jpg
c0000507_2224583.jpg
c0000507_2223977.jpg
c0000507_2223283.jpg
c0000507_2222429.jpg
c0000507_2221880.jpg
c0000507_2221044.jpg
c0000507_22241.jpg
c0000507_2215868.jpg
c0000507_2214892.jpg
c0000507_2214158.jpg
c0000507_2213452.jpg
c0000507_2212827.jpg
c0000507_2211626.jpg
c0000507_2211257.jpg
c0000507_221737.jpg
c0000507_221286.jpg
c0000507_2205640.jpg
c0000507_2204740.jpg
c0000507_2204274.jpg
c0000507_2203751.jpg
c0000507_2203262.jpg
c0000507_2202590.jpg
c0000507_2201987.jpg
c0000507_2201382.jpg

c0000507_2264779.jpg

c0000507_220667.jpg
c0000507_220147.jpg
c0000507_21595672.jpg
c0000507_21595114.jpg
c0000507_21594575.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-12 23:49 | 推薦フィギュア | Comments(0)
<< Dragon 6118 [5c... ドイツ軍野戦憲兵フィギュア記事索引 >>