Tamiya 35298 [ドイツ野戦指揮官セット]

Tamiya 35298 German Field Commander Set

Tamiya 35010=35011-figureと、Tamiya 35073のポオズを今日的な成型でパラフレーズしたキットが、
Tamiya 35298です。

より厳密に申し上げますと、Tamiya 35010=35011-figureからモチーフが採られたMP40を抱えた将校は、
Tamiya 35053でも同じ人物が再度登場していますので、
Tamiya 35010-35011-figure及びTamiya 35053と、Tamiya 35073のポオズがモチーフにされたキットが、
Tamiya 35298なのです。

また、このキットで感動的なのは、説明図に印刷されたモノクロ地図のみならず、
パッケージ裏には精細なカラー印刷の地図が与えられていることであり、
70年代に既に同様にパッケージに印刷される形で付与されたTamiya 35073やTamiya 35079の地図がモノクロ印刷にとどまっていたのが、
Tamiya 35298では進歩しているという点も見落としてはなりません。

--------------------------------------

これまでのタミヤのフィギュアとは毛色が違うというよりも、
タミヤらしからぬプラスチックの柔らかさと樹脂流し込み部=中央の切断の粗さ、
それ以前の問題としてにダイレクトゲートで成形していることや、
パーツの割り方とゲート位置と、成型自体の質が異なっていて、
どうもこれは他社製造のタミヤ販売の形、OEMなのではないだろうかというあやふやな思いは、
いつものホッチキス止めの、やや柔らかい袋ではなく、それよりも硬めの、某東欧メーカーで見覚えのあるノリ付き袋を見れば、
ほぼ推断して差し支えないだろうというところに至った点で、このフィギュアはMM300を前にして、
タミヤMMフィギュアのあり方のチェンジのメルクマールになるかもしれないと思いました。

それよりも、オリーブドラブや、フィールグレイでなく、明るい灰色で成型された事の嬉しさよ。

旧キットフィギュアの21世紀版となりますと、やっぱり欲しいのは、フィールドキッチンの馬と御者で、
新版の停車給食時のものと同時に、馬車運搬時が店頭に並んでいても良いと思いますし、
新規に作らなくとも、小さい変更で割と効果を生む、メガネを、メガネのエッチングパーツがやっぱり欲しいという切ない思いが、
旧版野戦指揮官へのオマージュのTristar 35006のエッチング丸メガネの思い出と重なって、
累乗的に増すばかりでございます。
c0000507_024038.jpg
↑野戦電話機はFeldfernsprecher 33。
c0000507_024858.jpg


------------------------------------------------------------


c0000507_3363244.jpg
※小火器ランナーは、Tamiya Yaのグレイ成型版が付属。
c0000507_3364054.jpg
c0000507_3365032.jpg
c0000507_3365570.jpg
c0000507_337060.jpg
c0000507_33796.jpg
c0000507_3371576.jpg
c0000507_3372045.jpg
c0000507_3372690.jpg
c0000507_3373115.jpg
c0000507_3373533.jpg
c0000507_3374290.jpg
c0000507_3375397.jpg
c0000507_338270.jpg
c0000507_338842.jpg
c0000507_338166.jpg
c0000507_3382310.jpg
c0000507_3383066.jpg
c0000507_3383764.jpg
c0000507_33844100.jpg
c0000507_3385097.jpg
c0000507_3385747.jpg
c0000507_339797.jpg
c0000507_3391643.jpg
c0000507_3392272.jpg
c0000507_3393783.jpg
c0000507_3394419.jpg
c0000507_3395119.jpg
c0000507_3395766.jpg




タミヤMMフィギュアは、押し並べて小ぶりですが、35298は大きめで、
ホーネットヘッド差し替えにもアタマでっかちにならず、表情の融通が利きそうです
c0000507_340472.jpg

c0000507_3401072.jpg



※補遺 後日追記 ホーネットのオシッコするドイツ兵と、Tamiya 35298のルガーを整備するドイツ兵のカラダ

ルガーを整備している彼にはオシッコをさせるというのが、人形改造者の常道的情動だと思われますが、
ホーネットの後ろにそって放出する彼のカラダの流れ方に比べれば、やはり硬く、
ボディを削って腕を十分に密着させなければ、おペニを持たせるにはルガーを持つ手の位置は遠すぎて厳しく、
敢えて35298から作らずに、ホーネットからの小改造が気軽でスマートだと思います。
c0000507_1253890.jpg
c0000507_1254914.jpg
c0000507_1255913.jpg
c0000507_126947.jpg

by tokyomonogatari | 2009-03-28 03:40 | Germany | Comments(5)
Commented by stageof35 at 2009-03-28 17:10
はじめまして。最近ブログを開設しましたstageof35という学生モデラーの者です。
ここ最近のタミヤフィギュアはミリタリーミニチュア300作目を目前になかなか見せてくれますねぇ。カーロ・アルマートの戦車兵の彼の頭部が前後でニ分割になっているのを見た時は某Gen.2のパーツ構成を思い出し何かタミヤ変わるぞと、思っておりました。そして、今回のものを見てパーツの分割や形状を見てあぁやっぱりなぁと思い、これからのタミヤフィギュアの方向性が見えてきた気がしました。

話は変わりますが、300作目を超えたところでフランス兵、イタリア兵につずいてポーランド兵とか、オランダ兵とかをタミヤのカッチリモールドで見てみたいなぁと思っています。

あと、リンクを貼りたいのですがよろしいでしょうか?
Commented by tokyomonogatari at 2009-03-29 00:33
はじめまして。
Tamiya35298、ドイツ歩兵のリニューアルよりは良くなった感はありますが、
ズボンの縫い目が入っているものと入っていないものが混在していたり、
プラスチックの質が柔らかすぎたり、
正直そこまで未来への期待を過度に明るいものにしてはならないと思ったのも事実で、
線の切れ方はトライスターのポスト平野氏時代の成型の方が切れていて、
アァ、マスターボックス的な題材を、トライスター的な線でお願いします、しかも35006エッチングメガネを付けて、と貪欲に思います。

1/35 フィギュア全体で、最近気になっているのは、プラトーンの本馬氏原型の戦車搭乗服+デニム作業着ズボンの彼で、
ズボンにゆるやかに入ったシワの線に惚れ惚れしています。

ブログ拝見させていただきました。
製パンや、縫製、靴修理という、「周辺の兵士」の題材は、物凄く作りたいテーマで、
ジャガー社の製パンの彼を探していたり、
某通販でウルフの靴修理を注文したら、他の注文との兼ね合いでなかなか届かなかったりとヤキモキしている春です。

こちらからもリンクさせていただきます。
Commented by stageof35 at 2009-03-29 23:05
そのあたりは、マイナスですねぇ。
ただ、タミヤのことなんでこれからに期待したいです。

それにしても、ウルフの靴修理の彼はいいですよね。
僕もすごく作りたい彼です。
彼のような仕事を与えられていた人達には、なにか、戦争の中にありながら日常をその中に持ち込んでいるような感じがして、なんともいいなぁと思います。

リンクの件、ありがとうございました。リンクさせていただきます。
Commented by cutnipper at 2009-03-30 10:03 x
どうやらコイツ原型と製造はICMだそうで。
そう言われてみるとMB等で原型を担当なさっているA.ガガーリン氏の作るフィギュアの特徴が出ているかな、と思います。

しかし出来良いなぁ。 コレ。
Commented by tokyomonogatari at 2009-03-30 18:02
某所の指摘に、物凄く赤面しました。
ICMである事は、秘匿されているものだとばかり思っていて、
ドイツ兵詰め合わせセットに、脈略もなく、ICMのフィギュア、
「ソ連戦車兵捕虜とドイツ兵」が入ったのは、前触れだったのだとかとか足りないアタマ働かせたり、
敢えて某東欧メーカーとか書いている自分のアホさぶりにしばし悶絶した後、
少し冷静になって、「ICMのOEM」って、韻が踏めていて、ちょっと良いなァとか思ってます。
<< 長野 2009.3.29 Tamiya 35212 sh... >>