Dragon 6116 [1941年マリウポリ、LSSAH師団の武装親衛隊兵士]

Dragon 6116, Panzermeyer, LSSAH Division (Mariupol 1941)

Dragon 6116は、よっぽどの模型的な思想信条や嗜好の偏りが無い限り、
1/35フィギュアをストックして積んでいる人が織りなすキットの山の一角に、
その姿が認められないことはまさかないであろうほどの傑作だと思うのです。

何にも増して感動的なのは、Cのパンツァーマイヤーの出来の良さと、コートの分割*なのです、ということは言うまでもないことでございましょう。

「前を完全にはだけたコートスタイルのドイツ兵インジェクションフィギュア史」を振り返った時にDragon 6116-Cと並び屹立する、
Tristar 35006-Aが抱えていた、はだけの線の硬さとパーツ同士のフィットの難、が感ぜられず、
と言うよりもDragon 6116-Cは寧ろやわらか過ぎ、体の右側にあまりにも華麗に流れ過ぎている印象すらあって、
もしも、もしもだよ、Tristar 35006-A的な直線的にコートが開かれた状態の平野義高氏原型フィギュアを、
6116の頃のDragon社が金型を彫り、インジェクションフィギュア化していたら、どうする?
などという甘美な夢想をふとしてしまう誘惑にも打ち勝ち難いところなのですが、とりあえず現実的に、Dragon 6116は明らかに買いなのです。

------------------------------------------
(註)
*とはいえ、ややCよりもDの方がコートのパーツの合いはベターな印象。
なお、Dragon社のコート分割の事例の中で、私の経験上最もパーツの合いが良かったのは、6115-Aのコートの裾である。
-------------------------------------------

c0000507_0293531.jpg
↑彼のオートバイ兵用コートは、やや斜めに流れ過ぎている印象。

Dragon 6116-Cのコートの過剰な斜め流れを修正しつつ組む過程。

c0000507_2205061.jpg
↑ゲート処理。
c0000507_2203880.jpg
c0000507_220283.jpg
↑キットそのままの流れ。
c0000507_220182.jpg
↑コートの内側を削り、薄くしてから流し込み接着剤を塗り、柔らかくして曲げる。

--------------------------------------

Dragon 6116-Dのコートの彼を組み、Cのバディにする過程。

c0000507_1911523.jpg
↑ゲート処理。
c0000507_19113860.jpg
↑下半身接着。
c0000507_1911256.jpg
↑ヘッドは彫刻がクリスピーなAヘッドをチョイス。ヘルメットの顎紐を削る。
c0000507_19111732.jpg
↑削った後、流し込み接着剤を少量塗布してならす。

c0000507_1911833.jpg
↑下半身以外のパーティングライン処理。
c0000507_19105618.jpg
↑襟口を開口。
c0000507_19104596.jpg
↑そろそろ接着剤が乾くころ。このタイミングで下半身のパーティングラインを削る。

c0000507_19103644.jpg
↑コートの内側の押し出しピン跡を下側のみ削る。

c0000507_19102568.jpg
↑下半身にコートをまとわせる。
c0000507_19101566.jpg
↑ポーズ変更。ニッパーで右足のブーツを切り離して、Dragon 6116-Bのブーツを移植。
c0000507_1910366.jpg
↑腕を接着。
c0000507_1995471.jpg
↑Cと地図を左右で持ち合って、カンファするポオズで仮まとめ。

----------------------

迷彩スモックを着て、一歩踏み出しているA氏のヘッドは眼の彫刻が冴えており、
かつ、笑うでもなく叫ぶでもなく、苦痛に顔をしかめるでもなく、適度な憂い、或いは切なさを含んだ表情でまとまっているので、
フィギュアにそこまでの説話的意味合い/ヒーロー性を与えたくない時に重宝するヘッドだと思います。

c0000507_8301915.jpg
↑Dragon 6116-A head + 6116-C cap
c0000507_8304461.jpg
c0000507_8303250.jpg

--------------------------------------------------------------


c0000507_018625.jpg
c0000507_018143.jpg
c0000507_017572.jpg
c0000507_0175389.jpg
c0000507_0174811.jpg
c0000507_0174461.jpg
c0000507_0174073.jpg
c0000507_0173637.jpg
c0000507_0173161.jpg
c0000507_0172657.jpg
c0000507_0172281.jpg
c0000507_0171743.jpg
c0000507_0171389.jpg
c0000507_017918.jpg
c0000507_017490.jpg
c0000507_017063.jpg
c0000507_0165670.jpg
c0000507_0165013.jpg
c0000507_0164697.jpg
c0000507_0164140.jpg
c0000507_0163660.jpg
c0000507_0162666.jpg
c0000507_016825.jpg
c0000507_016156.jpg
c0000507_0155579.jpg
c0000507_0154964.jpg
c0000507_0154352.jpg
c0000507_015383.jpg
c0000507_0153393.jpg
c0000507_0152781.jpg
c0000507_0152266.jpg
c0000507_0151744.jpg
c0000507_015969.jpg
c0000507_015610.jpg
c0000507_015230.jpg
c0000507_0145817.jpg
c0000507_0145417.jpg
c0000507_0144948.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-12 00:19 | Germany | Comments(0)
<< Aurora Model Ml... Master Box 3547... >>