Dragon 6379 [1942年ガダルカナル、アメリカ海兵隊兵士]

Dragon 6379は、開襟の薄手のシャツを着て、かつ小ぶりな上半身が手に入る点でありがたいキットです。

その小ぶりな身体を活かすならば、ハッチ開口部が小さめな軽戦車、というのは言うまでもないことでございましょう。
Dragon 6379の上半身パーツを用いて、M3スチュアートから身を乗り出す、太平洋戦線のアメリカ海兵隊戦車兵をHornetヘッドを用いつつ大まかに組みました。
c0000507_1029207.jpg



37mm戦車砲M6のパーツのうち、一番シャープなのはTamiya 35228-Dでございましょう。

AFV CLUB社のものは不勉強で実見していないものの、少なくとも、Academy社のM3系列に含まれるそれと、
Italeri社のM8グレイハウンドに入っている砲部分のパーツよりもTamiya 35228-Dのモールドは冴えています。
AcademyとItaleriに対しては置き換えを行いたく、Tamiya社のM3/M5スチュアートには元々砲尾部分が入っていないために、
移植できる範囲で移植を行いたいところです。

Tamiya 35042=M3スチュアートの砲塔に35228=M8グレイハウンドの37mm砲の砲身と砲尾を移植。丸々移植するのではなく、部分移植を行いました。
c0000507_215509.jpg
c0000507_21551383.jpg



------------------------------------------------------------------

Dragon社の第二次大戦、太平洋戦線の米海兵隊の三作目がこのDragon 6379です。

そろそろ一作しか出ていない日本兵をお願いしたいところで、
エッチング丸メガネを、小さすぎる6020ではなく、新規に作り起こしていただいて同梱、
というカタチを妄想し、期待しております。

Dragon 6379, U.S. Marines Guadalcanal 1942


c0000507_0231469.jpg
c0000507_023684.jpg
c0000507_022577.jpg
c0000507_0224858.jpg
c0000507_0224069.jpg
c0000507_0223494.jpg
c0000507_0222635.jpg
c0000507_0221983.jpg
c0000507_0221379.jpg
c0000507_022169.jpg
c0000507_0215369.jpg
c0000507_0214572.jpg
c0000507_0213787.jpg
c0000507_0213118.jpg
c0000507_0212450.jpg
c0000507_0211856.jpg
c0000507_021930.jpg
c0000507_021356.jpg
c0000507_0205795.jpg
c0000507_0205013.jpg
c0000507_0204349.jpg
c0000507_0203741.jpg
c0000507_0203398.jpg
c0000507_0202768.jpg
c0000507_0202259.jpg
c0000507_0201430.jpg
c0000507_020876.jpg
c0000507_02022.jpg
c0000507_0195771.jpg
c0000507_0195159.jpg
c0000507_0194529.jpg
c0000507_0193973.jpg
c0000507_019337.jpg
c0000507_0192820.jpg
c0000507_0192325.jpg
c0000507_019184.jpg
c0000507_0191379.jpg

by tokyomonogatari | 2009-06-27 22:16 | U.S.A. | Comments(0)
<< Dragon 6094 [グラ... Dragon 6038 [19... >>