Tamiya 35118 [ゼネラルセット]

「このキットの特徴は顔、そして体つきにポイントがしぼられると思います。資料という資料をひっかき回し、あるだけの写真を探しだし、その人その人の特徴をつかみ、さらに従来の人形では顔の表情まで似せてつくるのでは小さすぎるため、それより大きな石っこう人形を作りました。このため石っこう人形を作る工程や縮少をする工程においては、いままでの倍近くの時間と労力が必要となってしまいました。こうして作られた人形達だけに出来上りは抜群で実にシャープな仕上りになったと思います。」

と『タミヤニュース』1980.10 (Vol.100) P.23にあって、自信作としてリリースされたフィギュアであったことがうかがえますけれども、

そろそろ、ゼネラルセットは21世紀版の新キットを出して欲しいと思います。
ロンメル将軍のゴーグルは透明成型、
マッカーサー元帥にはサングラスのエッチングパーツ付き、あるいはサングラス一体成型ヘッド選択式で、
モントゴメリーのマグカップは取っ手がキッチリ抜けた上で、スライド金型で開口、しかも小道具として流用できるように複数入っていて、
パットン将軍には愛犬ウィリーが付属、という妄想が膨らんでます。

c0000507_130166.jpg
↑このキットは、キットそれ自体の作例よりも、
タミヤ社の出版物で、民間人への改造の基となったという事の方が、強く印象に残っています。
バターン号のタラップを降りるマッカーサー元帥を作りたい、というのを、何度も思い立っては挫折。
タラップで適度にカットされたヴィネット・キットが欲しいところです。

妄想ついでに言わせていただきますと、白洲次郎氏を1/35と1/24で、
それこそ決定的な造形のフィギュアで欲しいです。

c0000507_130619.jpg
c0000507_1301145.jpg
c0000507_1301697.jpg
c0000507_1302153.jpg
c0000507_1302772.jpg
c0000507_1303134.jpg
c0000507_1303656.jpg
c0000507_1304138.jpg
c0000507_1304697.jpg
c0000507_1305348.jpg
c0000507_1305835.jpg
c0000507_131517.jpg
c0000507_1311157.jpg

by tokyomonogatari | 2009-08-01 01:31 | U.S.A. | Comments(0)
<< Dragon 6109 [ボー... Tamiya 78022-N&... >>