Tamiya 35197-D [Ⅲ号突撃砲G型のドイツ突撃砲兵と子犬]

c0000507_2193352.jpg
c0000507_2193959.jpg
c0000507_2194594.jpg
c0000507_219524.jpg
c0000507_219581.jpg
c0000507_2110518.jpg
c0000507_21101140.jpg
c0000507_21101819.jpg
c0000507_21102435.jpg
c0000507_2110304.jpg
c0000507_21103582.jpg
c0000507_21104359.jpg
c0000507_21104925.jpg
c0000507_2110567.jpg
c0000507_2111377.jpg
c0000507_21111037.jpg
c0000507_21112153.jpg
c0000507_2111293.jpg



c0000507_21113666.jpg
35246-Mの下半身に差し替え。
c0000507_21114263.jpg
c0000507_21115282.jpg
c0000507_21115961.jpg
c0000507_2112662.jpg
c0000507_21121391.jpg
c0000507_21122011.jpg
c0000507_21122718.jpg



Tamiya 35215のヘッド+35197の上半身と子犬+35287の下半身をつなげてみたところ、
何となしにデジャヴをおぼえて、何だろう何だろうとアレコレ考えてみれば、
夢二の黒船屋に少し似ているのだと気がつきました。

c0000507_2354259.jpg
c0000507_235326.jpg
c0000507_2352070.jpg
c0000507_235853.jpg
c0000507_2345772.jpg
c0000507_2344319.jpg
c0000507_2343368.jpg


---------------------------------------------
Tamiya MMシリーズの中で、動物に"しっかり手で触れる"*身振りがキット化されているフィギュアは、
Tamiya 35197-D、子犬を抱えた彼のみだということに、写真に収めつつ、今更気付かされたのですが、
彼の左腕が肘位置2分割ではなければ、流用は容易になり、
世界のアチコチで各国の1/35兵士がそのかいなに子犬を抱いたのではなかろうかとも思います。

----------------------------------------------------
(註)
*旧フィールドキッチンの御者、乗馬セットの馬上の将校は含まないという意味合いで。
 1/16のカメレオンを手に乗せる、というのも除く。
-----------------------------------------------------

動物×ヒトからの連想で、いつも思い描きますのは、MMシリーズに羊飼いセットが出るという夢想で、
夢の中で羊飼いセットを買って、やったーと思って目が覚めてガックシ来たこともあります。
羊は左右2分割でわらわらと入り、羊毛モールドがグッドで、牧羊犬とオジイサンとマゴが入っているのが望まれるカタチです。
c0000507_2402042.jpg
c0000507_2401342.jpg
c0000507_240675.jpg
c0000507_240192.jpg
c0000507_239557.jpg
c0000507_239414.jpg
c0000507_2392877.jpg
c0000507_2392178.jpg
c0000507_2391585.jpg

c0000507_2385812.jpg

by tokyomonogatari | 2009-08-30 21:12 | Germany | Comments(0)
<< 35197-D + 35246... Tristar 35003-E... >>