Tamiya 35095-C [一式砲戦車の日本陸軍戦車兵]

Tamiya社の日本陸軍戦車兵は35075-Cのふたりと、35090-Cのふたりの計四人が存在します。
前者の凛々しすぎるほどのヘッドに比して、後者は少年野砲兵学校*のマーキングも選択肢に入っているためか、
少年的愛らしさを湛えたヘッドで造形されている印象です。

フィギュアの造形的美しさで言えば、35075-Cの方が冴えていますけれど、
35095-Cは、九七式中戦車系列の車輌内部をそれらしく作ることの出来る床部分と座席が含まれており、
何かと利用価値が高いパーツだと思います。

一式砲戦車を用いた情景作品史上の最高傑作は、平野義高氏のあの作品**である、と言う事は、疑う余地もない事ですけれども、
あのフィギュア達を、インジェクションキット化して欲しい、と思い続けて10年以上経ちました。

-------------------------------------
(註)
*少年野砲兵学校については、例えば『別冊一億人の昭和史 日本の戦史別巻7 陸軍少年兵』 (毎日新聞社, 1981) P.143-158を参照。
**『平野"フィギュアマイスター"義高の仕事』(大日本絵画、2004), P.24-31所収
-------------------------------------


c0000507_22391534.jpg
c0000507_2239798.jpg
c0000507_2239083.jpg
c0000507_22385356.jpg
c0000507_22384890.jpg
c0000507_22384232.jpg
c0000507_22383588.jpg
c0000507_22382816.jpg
c0000507_22382217.jpg
c0000507_22381696.jpg
c0000507_22381077.jpg
c0000507_2238469.jpg
c0000507_22375949.jpg
c0000507_22375312.jpg
c0000507_22374839.jpg
c0000507_22374225.jpg
c0000507_22373669.jpg
c0000507_22373028.jpg
c0000507_22372577.jpg
c0000507_22371931.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-22 17:31 | Japan | Comments(0)
<< Italeri 325 [連合... Italaerei 307 [... >>