Tamiya 35010=35011-figure [ドイツ将校セット]

「一番印象深いのは、略帽を持った兵士が持っている「革かばん」である。シリーズ展開につれて、色々な武器や装備品が出てくることは当然予想していたが、この革かばんにはまいった。なんの変哲もない革かばんひとつで、ドイツ軍将校のイメージが数段強調されたものになっていたのである。革かばんを持つ兵士が軽装であるのも目を引くし、さらにコート姿と無帽のドイツ兵は両方とも初登場であった。(後略)」

上記は、『パンツァーグラフ!』2008年春号、P.2に掲載された楽八氏のレヴューからの引用です。
1952年生まれの楽八氏にとって、1971年にリリースされたTamiya 35010において何にも増して印象的だったのが、
「革かばん」であることが、文章中に四度も繰り返されて示された、模型レヴュー史に収録必須の、
他に類を見ない"かばん賛歌"であり、ゼロ年代に編まれた模型レヴュー文において、
その愛情のこもり具合とその読者への伝達度、において最高のものが楽八氏のそれであると私は思っております。

略帽-革かばんのイメージ連鎖を損なうことなく、平野義高氏原型のTristar 35006では30年後のリメイクがなされ、
Tamiya 35298では、東欧系原型師によるリメイクが行われ、左手と持ち手が一体化された上で革かばんが成形された、
というのは、フィギュアモデラーにとっては周知のことでございましょう。

教養までに、手と一体化されておらず、独立している各社のかばんのいくつかを見ておきましょう。
c0000507_11565341.jpg
↑左から、
①Dragon 6119 ドイツ軍衛生兵バッグ
②Tristar 35006ドイツ将校野戦会議セット・革カバン
③Tamiya 35010=35011-figure ドイツ将校セット・革カバン
④Esci/Italeri 憩うドイツ兵・革カバン

-------------------------------------------------

史的に押さえておきたいのは、MMシリーズにおいて、指差し=インデックスポオズのドイツ兵として初めて登場したのがこのフィギュアのふたりであるということです。
また、インデックスポオズの兵士は、複数体のフィギュアのまとまりの中ではひとりのみ、というのがほぼ慣例化しているのですが、
インデックスポオズ初出にして異例のふたり指差し、という、まさに異端の登場の仕方ですし、ヘルメットを抱えるポオズも未だに無帽の彼が唯一であったりと、
リメイクを重ねられながらにして、未だにその独自性を失っていないフィギュアが、Tamiya 35010=35011-figureだと思うのです。

モリナガ・ヨウ氏は、著作『モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第1集 [フィールドグレイの巻]』(大日本絵画,2011)の表紙カバーで、
35011のⅢ号戦車M/N型のフィギュア部分=35010について、「はじめて指さし兵が地上におりる。」と表現されました。
この表現について、私は、過去記事(2011.9.9)の註釈にて、


「なお、このMM史上初の指差しポオズ付与について、
『モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記 第1集[フィールドグレイの巻]』(大日本絵画、2011)の表紙では、「はじめて指差し兵が地上におりる」と記述されている。
ここで一応確認しておきたいのは、「地上に」と限定されている意味についてである。
無論、これは(1971.7)及び35011(1971.9)以前に、インデックスポオズをとりつつキューポラに収まるフィギュアとして、1/25 T-34の戦車兵が1969年の時点で既に存在していたため、
或いは、1/35の指差しアメリカ軍戦車兵が、モーターライズ版M42ダスターの付属フィギュア(1970.5)及び、MMシリーズ初のアメリカ軍フィギュアである35004(1970.7)が、
戦車に乗せる事をほぼ前提としてリリースされていたためであろう。
なお、T-34の戦車兵は、1/25の戦車に初めて付属したフィギュアであった。(田宮模型編『田宮模型全仕事1』(文春ネスコ、2000), P.152)」

と考えたのですが、モリナガ氏から、
「自分としては昔のグレイハウンド兵士が念頭にありました。松井さんのご本では1966~だそうです。」
と同記事コメント欄にいただいたのでした。

なお、同著カバー表紙には、「カバン。「プラが透けた。」という伝説が。」とあります。
再度革かばんを見ておきましょう。

c0000507_2172431.jpg

↑バリ部分のプラは透けていますが、カバン本体は透けていないように見えます。

----------------------------------------------------------------------------------------

c0000507_0221634.jpg
c0000507_022723.jpg
c0000507_0215812.jpg
c0000507_0215157.jpg
c0000507_0214254.jpg
c0000507_0213530.jpg
c0000507_0212431.jpg
c0000507_0211798.jpg
c0000507_021929.jpg
c0000507_0205871.jpg
c0000507_0205179.jpg
c0000507_0204311.jpg
c0000507_0203590.jpg
c0000507_020266.jpg
c0000507_0201744.jpg
c0000507_02072.jpg


---------------------------------------

Tamiya 35010, German Army Officer

Tamiya 35010=35011-figureのうちのMP40を抱えた立像は、Tamiya 35053の将校立像と同じ人物が彫られていますが、
頭部側のゲートが、Tamiya 35053に比してTamiya 35010の方がやや太めです。

c0000507_2223110.jpg
c0000507_2222613.jpg
c0000507_222219.jpg
c0000507_222132.jpg
c0000507_222375.jpg
c0000507_2215682.jpg
c0000507_2215086.jpg
c0000507_221446.jpg
c0000507_2214035.jpg
c0000507_221353.jpg
c0000507_2212923.jpg
c0000507_2212252.jpg
c0000507_2211448.jpg
c0000507_221772.jpg
c0000507_220594.jpg
c0000507_2205281.jpg
c0000507_2204749.jpg
c0000507_2204276.jpg
c0000507_2203642.jpg
c0000507_2203183.jpg
c0000507_2202660.jpg
c0000507_2201476.jpg
c0000507_220471.jpg
c0000507_2195662.jpg
c0000507_2194816.jpg
c0000507_2193725.jpg
c0000507_2193126.jpg
c0000507_219236.jpg
c0000507_2191559.jpg
c0000507_219774.jpg
c0000507_2185828.jpg
c0000507_218519.jpg
c0000507_21844100.jpg
c0000507_2183714.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-02 01:47 | Germany | Comments(0)
<< Tamiya 35322-J ... T-26軽戦車メモ(書き途中) >>