Tamiya 35210=89618-F [ワインおじいさん・カルテット]

Tamiya 35300の人たちを「マチルダ・トリオ」とするならば、
35210は、「チャーチル・カルテット」となるのが普通でしょうけれど、ここはワインおじいさんをリーダーにして、
「ワインおじいさん・カルテット」としたいところ。

ワインおじいさん(ts)、しゃがみ受け取り(p)、座りシャツ(b)、立ちポケットハンド(ds)
のイメージが私にはあり、

「マチルダ・トリオ」では、
座り(p)、苦い顔して立ち(ds)、半身(b)
のイメージがあります。

「ワインおじいさん」はフランス人である、というのが定説なのですが、
「橋」"Die Brücke" (1959)の冒頭に登場する洗濯物を運ぶ荷車は、このキットのものと酷似しており、
荷車はドイツの戦場に置くアイテムとしても使用可能だと思われます。

なお、「ワインおじいさん」は1996年の第35回静岡ホビーショーにおいて参考出品として展示された作例*では、
製品版よりもヒゲが長く仕上げられていた、ということも、彼を語るうえでは見落とすことは出来ません。

------------------------------------------------------------------------------
(註)
*Model Graphix 1996年8月号(Vol.141) P.2の写真を参照。
長いヒゲが頭部と一体成形される場合、髭と首の間はアンダーカット回避のために間隙を設けることはできないことを留意。
------------------------------------------------------------------------------


c0000507_23275436.jpg
c0000507_23275989.jpg
c0000507_2328481.jpg
c0000507_23281079.jpg
c0000507_23281519.jpg

c0000507_23283370.jpg
c0000507_23283891.jpg
c0000507_23284461.jpg
c0000507_23285033.jpg
c0000507_23285624.jpg
c0000507_2329240.jpg


c0000507_044261.jpg


----------------------------------

(1)Tamiya 35210-F "Blue-Grey ver."

通常品のTamiya 35210-Fの成形色は、青みがかったグレー。
c0000507_246394.jpg
c0000507_2455523.jpg
c0000507_2454416.jpg
c0000507_2453488.jpg
c0000507_2452563.jpg
c0000507_2451516.jpg
c0000507_245766.jpg
c0000507_2445738.jpg
c0000507_2444929.jpg
c0000507_2443599.jpg
c0000507_2442656.jpg
c0000507_2441760.jpg
c0000507_244990.jpg
c0000507_244073.jpg
c0000507_2435490.jpg
c0000507_2434881.jpg
c0000507_2433935.jpg
c0000507_2432747.jpg
c0000507_2431792.jpg
c0000507_2431082.jpg
c0000507_2425947.jpg
c0000507_2425180.jpg
c0000507_2424365.jpg
c0000507_242366.jpg
c0000507_242274.jpg
c0000507_2421913.jpg
c0000507_2421278.jpg
c0000507_242658.jpg


(2)Tamiya 35210-F "Event-Grey ver."

Tamiya 35210-Fが白みがかったグレー="イベントグレー"で成形されている限定品は二種類リリースされており、
Tamiya 89618=「イギリス戦車兵フィギュアセット(4体)」ではTamiya 35210-Gのワインボトル等のクリアーパーツと同居、
「イギリスフィギュアセット」では、Tamiya 35100=35210-Dの”もう何も恐くないイギリス戦車兵"たちと同居しています。

c0000507_11471659.jpg
c0000507_1147718.jpg
c0000507_11465946.jpg
c0000507_11465254.jpg
c0000507_11464611.jpg
c0000507_1146394.jpg
c0000507_11463320.jpg
c0000507_11462662.jpg
c0000507_11461962.jpg
c0000507_11461243.jpg
c0000507_1146536.jpg
c0000507_11455989.jpg
c0000507_11455276.jpg
c0000507_11454551.jpg
c0000507_11453576.jpg
c0000507_11452768.jpg
c0000507_11451986.jpg
c0000507_11451298.jpg
c0000507_1145535.jpg


--------------------------------------------------------


(余録)荷車の各部を可動にする

タミヤ小道具の傑作アイテム、チャーチル戦車付属のヨーロピアン荷車を可動改造。
結局、情景に用いるのだろうから、可動改造は無意味。
c0000507_055793.jpg
↑エバーグリーン 0.88㎜プラ丸棒で軸を打つ。軸基部は0.8㎜穴、車輪は1.0㎜穴を開口。
軸は左から右に抜けていない。軸固定の車輪回転式の可動を採る。
c0000507_06127.jpg
↑車輪の厚みスレスレでシャフトを切る。
c0000507_06518.jpg
↑ウェーブ社リベットをハブキャップとして利用する。
車輪に接着剤が廻らないように注意して、車軸とハブキャップを接着する。
c0000507_061162.jpg
↑この荷車は、ステアリングが切れるものがモチーフにされているようなので、車台下部に車輪同様に抜け止めリベットを接着して可動にする。
c0000507_06168.jpg
↑柄を可動工作。0.5㎜真鍮線を通す。
c0000507_062036.jpg
↑この可動工作で、柄の跳ね上げが可能。
この後、真鍮線を丁度良い長さで切る。
c0000507_062496.jpg
↑走りっぷり。

--------------------------------------------------------------------------------
(余録)「タミヤのワインおじいさん」は、まず握手をしてから、ワインを渡しても良いと思います。

いきなりワインを渡すのではなく、握手をしてからのワイン贈呈の方が物語として美しいと私は思いますし、
しゃがむイギリス戦車兵の手が大きく開かれており、握手への小改造をしやすいこともあって、
「ワインおじさん」の右手にはイギリス戦車兵の手を握らせて、左手にワインを持たせるというのが、
この二者を組む最適解だと私は思います。

c0000507_20323458.jpg
↑箱側面の「ワインおじいさん」

c0000507_20322661.jpg
↑インストラクションの「ワインおじいさん」

c0000507_20321927.jpg
↑イギリス戦車兵と握手するように腕と手の角度を調整。

c0000507_20321377.jpg
↑クロムウェルのカットヴィネットとしてまとめたい。
by tokyomonogatari | 2010-03-23 23:28 | U.K. | Comments(0)
<< 1/35MMフィギュア概史(書... ブタの背中に霜、ぷっと吹いて梱包 >>