Dragon 6588 [1944年バルカン半島、ドイツ軍ドン・コサック]

Dragon 6488は、Dragon社の騎兵系フィギュアの最高傑作であり、明らかに買いの逸品です。
軍服の縫製線も鮮やかに彫刻されており、ヘッドも目の彫りが明瞭、上半身・下半身のヴォリュームのバランスも良好、
シワのモールドもクド過ぎずあっさり過ぎずの丁度良いバランスでまとめられています。

c0000507_23405278.jpg
↑純正のヘッドも彫刻が冴えているのですが、笑顔にする誘惑には耐え難く、Hornetizeしました。
c0000507_23405823.jpg
c0000507_2341584.jpg
c0000507_23411356.jpg
c0000507_23412038.jpg
c0000507_23412857.jpg
c0000507_23413640.jpg

-------------------------------------------------------

Dragon 6574の"衣替え"を最後に、日本国内のDragon社代理店がアオシマ社に移ってから、
初となるDragon社フィギュアが、ドイツ軍ドン・コサックであったというのは、「アオシマ・ウマ・フィギュア」で、
悪くないライミングが出来る点でも、良かったと思うのだ。

単刀直入に、ノッケから申し上げれば、買いである。
眼のモールドもキッチリ出ていて、かつてのコワモテ傾向は抑えられ、ポケットのモールドも明瞭、乗馬ズボンのリボンラインもキリっと出ていて、縫い目のモールドもキレイ。
コサック帽もハッとさせられるほどの鮮度の高いモールドで、かぶりものパーツとしての流用へのシズり感高し。

Gen.2 Gearの表記が箱になされていて、となりますと、
Gen.2 Gear="Gen.2-Gen.2 Gear"=Gen.2の本来の小火器よりもパーツ分割が抑えられたランナー*
が、含まれるのだと思っておりましたが、中身を見れば、これは、本来のGen.2のランナー。

*Dragon 6519を参照。
個人的な感覚では、必要な身振りが割り振られていない限り、水筒のフタは一体で良いし、Kar.98kは上部構造も一体で良いので、
Gen.2よりもGen.2 Gearが望ましい。

フィギュアランナーの中にKar.98kが入っているにも関わらず、Gen.2のKar.98kランナーを入れてくるとは、
そんなに分割されたKar.98kは欲されているものなのでしょうか。

(なお、『アーマーモデリング』誌の今月号、P.50では、「Gen.2ならではの再現度が魅力的」とあり、フィギュアがGen.2であるという誤読を誘うおそれがありました。装備品のみがGen.2です。)

ウマは脚をとめているフロリアン・ガイアー6046をベースに、なでられているヘッドは新規。
やや6046の頭部馬具彫刻と、6588の彫刻の質が異なるから、併置、かつ、こだわる人は、
どちらかに揃えてあげたいところ。

エッチングは6046。Dragon社は新規フィギュアに新規エッチングをふるまってくださる傾向が、
revamped-Gen.1以降ございましたけれど、でもしかし、包帯や、ライフルスリングのエッチングなど、
これはどう使いこなせば良いのだろうか、と頭悩まされたこともしばしば。
今回、手綱や鐙への紐のあたりと、サーベルの紐と吊輪、そしてやはりライフルスリングをエッチングになさるのではないかと、
推測しておりましたが、既存の6046を使うという、やや、Dragon社にしてはおとなしい印象を受けました。






c0000507_0155411.jpg
c0000507_0155926.jpg
c0000507_016437.jpg
c0000507_016980.jpg
c0000507_0161483.jpg
c0000507_0162032.jpg
c0000507_0162559.jpg
c0000507_0165438.jpg
c0000507_017077.jpg
c0000507_017645.jpg
c0000507_0171177.jpg
c0000507_0175660.jpg
c0000507_018281.jpg
c0000507_0171631.jpg
c0000507_0172253.jpg
c0000507_018933.jpg
c0000507_018141.jpg
c0000507_0182096.jpg
c0000507_0194678.jpg






c0000507_020238.jpg
c0000507_0201516.jpg
c0000507_0211026.jpg
c0000507_0212260.jpg
c0000507_0233119.jpg
c0000507_0254026.jpg
c0000507_0255083.jpg
c0000507_026174.jpg
c0000507_0261355.jpg
c0000507_0262294.jpg
c0000507_026315.jpg
c0000507_0264150.jpg
c0000507_0265061.jpg
c0000507_027092.jpg

by tokyomonogatari | 2010-04-14 00:18 | Germany | Comments(0)
<< Royal Model 413... モケログT君にズベズダを渡す(... >>