Tamiya 35050-Z=35094 [ドイツ高射砲兵セット]

『アーマーモデリング』2010.5 (Vol.127)の「マルモニュース」(P.4)にて、
「砲手と指揮官に引っぱられヴィルヴェルヴィントもリバーシブル服に。」*の指摘が、印象的なフィギュアです。
そして、この防寒服フィギュアを使用した情景として思いだされるのが、
同誌2000.2(Vol.19)でモリナガ氏が「一番好きな情景」(P.4)とした熊谷氏の作品です。
その情景は、私にとっても、70年代の模型作品から学ばねばと思っていた時期に、『パチッ』15号で見て激しく衝撃を受けた最高の作品でございます。

35094としては生産停止ですが、35050-Zとしてカスタマー注文可能でございましょう。

--------------------------------------------------
(註)
*Wirbelwindの読みは、w音をヴとして、bをブとするならば、ヴィルベルヴィントとした方が良さそうなのですが、(ママ)を付さずにそのまま引用。
なお、ヴィルベルヴィントのフィギュアについては、以下を参照。
Tamiya 35085-B
----------------------------------------------------



Tamiya 35094, German FLAK Crew

c0000507_7125010.jpg
c0000507_7125540.jpg
c0000507_7125932.jpg
c0000507_713574.jpg
c0000507_7131168.jpg
c0000507_713164.jpg
c0000507_7132148.jpg
c0000507_7132781.jpg
c0000507_713326.jpg
c0000507_7133825.jpg
c0000507_7134368.jpg
c0000507_713485.jpg
c0000507_7135270.jpg
c0000507_7135942.jpg
c0000507_714519.jpg

by tokyomonogatari | 2010-05-03 07:14 | Germany | Comments(2)
Commented by コッホ at 2010-05-05 20:58 x
熊谷氏のこの作品は、タミヤニュースにカンプの情景として作品解説が載っておりましたが、私も氏の1/25 クラッシュしたT-34&ドイツ兵のジオラマ作品とともに大好きです。
Commented by tokyomonogatari at 2010-05-06 00:59
コッホさんもリアルタイムで70年代MM黄金期を過ごした方なのでしょうか。
う~ん、70年代的MMの感性を身につけなければ、という焦燥感が80年代生まれの私にはあって、
MM黄金期がリアルタイムな世代の方々には、正直ジェラシー感じたりもします。

たとえ、国会図書館で、どんなに当時の模型誌サーベイしようとも、
あの頃を生きていた人たちには敵わぬという絶望に似たものも感じますね。
<< Tamiya 35188 [ド... Tamiya 35220 [キ... >>