Tamiya 35188 [ドイツ戦車兵砲弾搭載セット]

Tamiya 35188の横を向いている猫を正面に向けましょう。
c0000507_2263820.jpg
↑正面を向いた猫を1パーツで成形するならば、スライド金型でないと抜けないために、
この猫は横を向くポオズでまとめられたものだと推断されます。
c0000507_2262842.jpg
↑猫ヘッドをセパレートにする。
c0000507_226753.jpg
↑猫の首を丸める。
c0000507_2255650.jpg
↑エポキシパテでつなげる。
c0000507_2254646.jpg


-----------------------------------------------------

c0000507_3472939.jpg
↑左の「渡す人」はTamiya 35176-Z-head+Dragon 6063-tropical helmetに差し替え、
右の「受け取る人」はTamiya 35177-A-headに差し替え。

c0000507_3471936.jpg
c0000507_3465818.jpg
c0000507_3464980.jpg
↑Tamiya 35188のボディには、Tamiya 35177-Aのヘッドがサイズ的にグッドフィットです。

-------------------------------------------------------

Tamiya 35188, German Tank Ammo-Loading Crew

指のスキマが開いているのを見て、モリナガ・ヨウ氏は「フィンガーモデリングの時代」の到来を感じたことでおなじみのフィギュアなのですが、
Tamiya社が過去砲弾搭載のポオズを与えたのは、ドイツ国防軍戦車兵と陸上自衛隊戦車搭乗員のみであり、
M4シャーマンの75mm金属製砲弾が発売されながらにして、アメリカ軍戦車兵には砲弾搭載はおろか、車外に出ることすらほとんど許されていないのがMMシリーズの現状なのです。

アメリカ軍を始め、各国戦車兵に砲弾搭載のポオズが与えられること、それが私の所望することなのです。

c0000507_19434014.jpg
c0000507_19434598.jpg
↑同一ランナーが2枚で、猫も2匹。
c0000507_19435168.jpg
c0000507_19435551.jpg
c0000507_1944054.jpg
c0000507_1944597.jpg
c0000507_19441072.jpg
c0000507_19441556.jpg
c0000507_19442018.jpg
c0000507_19442581.jpg
c0000507_19442971.jpg
c0000507_19443467.jpg
c0000507_19443964.jpg
c0000507_19444628.jpg
c0000507_19445253.jpg
c0000507_19445878.jpg

by tokyomonogatari | 2010-05-03 19:45 | Germany | Comments(0)
<< Tamiya 35048 [ア... Tamiya 35050-Z=... >>