Tamiya 35193 [ドイツ歩兵迫撃砲チームセット]

Tamiya 35193, German Infantry Mortar Team

タミヤ社MMシリーズにおける90年代以降の、「小火器枠Yパーツ独立」が慣例化したその体制を、
本ブログでは「95年体制」と称している。
小火器Yパーツの独立初期の状況を改めて確認しておくと、
1994.12に35184として大戦前・中期Yパーツ標準型=後の35204が与えられ、
1995.8には35193で迫撃砲部分に枠が伸び、機関銃部分が省かれたYパーツmodifiedが付属。
1995.9には35195にまず大戦中・後期Yパーツ標準型=後の35205がextendedされたものが入り、
1995.11には35196に大戦中・後期Yパーツ標準型=35205が付属した。

今日にまで続く、ドイツ軍小火器ランナーのYα、Yβの二大巨頭体制が確立し、
同時に35192(1995.6)のリリースで「小火器枠Yパーツ独立」がドイツ軍のみに特権的に与えられるものではない事が示されたのが、1995年であった。

----------------------------------------------------------

Tamiya 35193を作成するうえで、必見の作例が、『モデルグラフィックス1996年2月号(Vol.135)』P.57の、
土居雅博氏作例、"Betze 100m Vor Wolga"です。

Tamiya 35193の持ち味を活かしつつ、イタレリのヘルメットに変更、エポキシパテでヘルメットカバーやスカーフを追加するなどオリジナリティーも付加、
ドイツ軍フィギュアに付き物の装備品の紐の表現もキッチリと行われており、
このキットを作成する際には先行研究として必ず当たらなければならない、最良の作例だと思います。


c0000507_5385798.jpg
c0000507_5385040.jpg
c0000507_5382179.jpg
c0000507_538928.jpg
c0000507_538184.jpg
c0000507_537524.jpg
c0000507_5374351.jpg
c0000507_5373455.jpg
c0000507_5372587.jpg
c0000507_5371667.jpg
c0000507_53794.jpg
c0000507_537062.jpg
c0000507_5365323.jpg
c0000507_5364674.jpg
c0000507_5363558.jpg
c0000507_5362736.jpg
c0000507_5361840.jpg
c0000507_5361316.jpg
c0000507_536745.jpg
c0000507_536185.jpg
c0000507_5355375.jpg
c0000507_5354617.jpg
c0000507_5353798.jpg
c0000507_5353066.jpg
c0000507_5352475.jpg
c0000507_535184.jpg
c0000507_535983.jpg
c0000507_5345157.jpg
c0000507_5344377.jpg

by tokyomonogatari | 2012-02-04 03:12 | Germany | Comments(0)
<< Tamiya 35044=35... 日本プラスチックモデル工業協同... >>