Master Box 3559 [ドイツ・アフリカ軍団の戦車兵と方向を指し示す現地の人]

Master Box 3559, AfrikaKorps: German Tankman
c0000507_1582815.jpg
↑1台の戦車が描かれて、その上に3人が居る、カタチではなく、3人が3箇所に居る絵がコラージュされた箱絵がクール。

ところで、車輌切り系ヴィネットで、車輌をスパッと切るための工具って、ベストはリューター×丸ノコなのでしょうか?

c0000507_1583450.jpg
↑ウクライナ・フィギュアのコード、ノリ付きビニール袋の閉じられ方も新鮮。
横ではなく、縦に閉じられている。
c0000507_1583912.jpg
↑Master Boxのパーツ密度の平均よりも、やや密度が高い感アリ。
c0000507_1584413.jpg
↑現地人。彼は箱裏の顔の塗りがステキなオトコなのです。
c0000507_1584986.jpg
↑足を一段高い位置に置き前かがみの、Tamiya 35100-Dの英軍戦車兵思い起こさせられる身振りの彼の略帽はピークが高すぎる感アリ。
箱絵に描かれたゴーグルはパーツとして含まれていないので、TamiyaかDragonからの移植がベターでしょうか。
c0000507_1585490.jpg
↑しゃがんで帽子を脱ぐ彼。このヘッドの箱裏作例での塗りも、物凄くイイ感じ。
c0000507_1585968.jpg
↑双眼鏡で前を見る彼のヘッド。
c0000507_159422.jpg
↑アフリカ軍帽。やや記章類と折り返しの線がファジィなので、頭囲に合えばDragonをかぶらせたいところ。
c0000507_159953.jpg
↑ロバの頭部。箱絵ではかなり細くて可哀想な印象ですが、キットはそれよりは体躯良好のご様子で、安心致しました。
c0000507_1591633.jpg
c0000507_1592160.jpg
c0000507_1592688.jpg
c0000507_20415.jpg
c0000507_201741.jpg
c0000507_202493.jpg
c0000507_2031100.jpg
c0000507_203775.jpg
c0000507_204340.jpg
c0000507_205056.jpg
c0000507_205618.jpg
c0000507_21334.jpg
↑どこかで見た気がしないでもない双眼鏡のパーツ。
c0000507_21972.jpg



※編み上げブーツの紐のモールド。

インジェクションキットでは、このアフリカ軍団編み上げブーツの紐モールドがファジィになるのは慣例のご愛敬ぶりで、
これをどうするか、いつも悩むのです。アメリカ兵のレギンスの編み上げ部分は側面で、型の片方に寄り、前面の編み上げよりは状況はベターだけれど、同様に悩むところ。
足首の角度の個体差や、サイズの問題もありますけれど、差し替え用のレジン製各種編み上げ靴の決定版、というのを妄想いたします。
c0000507_211552.jpg
c0000507_212136.jpg
c0000507_212881.jpg
c0000507_213482.jpg

by tokyomonogatari | 2010-06-01 02:01 | Germany | Comments(0)
<< 『写真週報』と『アサヒグラフ』... Tamiya 35022 [ロ... >>