Tamiya 35284-Y&Z [1/35 フランス陸軍フィギュアセット]

イベント限定のフィギュアに多く見受けられる、白みがかったグレー=イベントグレー(私的呼称)で、
成型された、Tamiya 35284のY&Z。

通常品のオリーブドラブ成型のものを、パーツとして注文すると、766円のところが、315円とオイシイ、フレンチ・フィギュアで、
小ぶりなドラム缶や布ロールが欲しくて、私はふたつ購入。

※余興 ゲートルで振り返るMM史

MM史を振り返れば、ゲートルを巻いた兵士は、
35022 ロシア歩兵セット (1973年5月)が初であり、
35075 日本陸軍97式中戦車 (1975年12月)の男前な顔立ちの戦車長、
35090 日本陸軍歩兵セット (1976年9月)の三人の兵士を経て、
35095 日本陸軍一式砲戦車 (1977年3月)の袖まくって手袋の腕パーツが印象的な二人から、

しばらくのブランクがあり、

35282 フランス戦車B1bis (2006年6月)のMM初のフランス軍戦車兵、
35284 フランス陸軍UEトラクター(2007年6月)のMM初のフランス軍歩兵、
35287 B1bis戦車(ドイツ軍仕様)(2007年11月)の砲塔ランナーの中の35282のフランス軍戦車兵、
35288 フランス歩兵セット (2007年12月)のMM初のフランス軍歩兵のセット、
と、2006初夏~2007年末までの、フランス=ゲートル・ラッシュがあったと見る事が出来よう。

特に2007年はゲートル活況の様相を見せており、MM史上唯一の、ゲートルフィギュアが2キット以上出ている年であるからして、
35287の2006年初出のフランス軍戦車兵を除いて、35284&35288のゲートル・ラッシュ期・ゲートルフィギュアの彼らを、
49ers(Forty-Niners)ならぬ、07ers(Zero-Seveners)と呼ぶのはどうだろうかと妄想。

そんな、Zero-Seveners、35284-Y&Zのグレー成型版が、こちら。


c0000507_1532922.jpg
c0000507_1533514.jpg
c0000507_1534092.jpg
c0000507_1534546.jpg
c0000507_1535073.jpg
c0000507_1535553.jpg
c0000507_15427.jpg
c0000507_154883.jpg
c0000507_1541339.jpg
c0000507_1542070.jpg
c0000507_1542596.jpg
c0000507_1543184.jpg
c0000507_1543694.jpg
c0000507_1544355.jpg
c0000507_154509.jpg
c0000507_1545610.jpg
c0000507_155338.jpg
c0000507_15598.jpg
c0000507_1551588.jpg
c0000507_1552152.jpg
c0000507_1552799.jpg
c0000507_1553320.jpg
c0000507_1553938.jpg
c0000507_1554644.jpg
c0000507_1555353.jpg

by tokyomonogatari | 2010-06-25 01:56 | France | Comments(0)
<< Tamiya 26006 [ア... Modeling Artisa... >>