Tamiya 35072-D [SU-85の座るソヴィエト軍戦車兵]

Tamiya 35072-Dを組む。
彼は平田氏によるアレクサンドル・カレリンへの改造、の印象が強いです。


c0000507_2128467.jpg
c0000507_2128992.jpg
c0000507_2128141.jpg
c0000507_21281970.jpg
c0000507_21282444.jpg



========================
Hornetヘッドに差し替え。

c0000507_21282976.jpg
c0000507_21283486.jpg
c0000507_2128395.jpg


-----------------------------------------------------

c0000507_5425472.jpg
c0000507_5424719.jpg
c0000507_5424263.jpg
c0000507_5423533.jpg
c0000507_542302.jpg
c0000507_5422458.jpg
c0000507_5421567.jpg
c0000507_542985.jpg
c0000507_542357.jpg
c0000507_5415750.jpg
c0000507_5415272.jpg
c0000507_541453.jpg




※以下余録 デカールのはなし

c0000507_21284417.jpg
↑SU-85のデカールは、ポーランド軍鷲章が付いていて、流用可能性が高い。
初期のものが白色台紙*だったかどうかは未調査。2003と打たれているものには、緑寄りの水色と、青寄りの水色の台紙が存在。
生産された順序としては、緑寄り水色→青寄り水色だと思われる。
一枚126円。

*白色台紙が水色系台紙になったゼロ年代の「洗礼」の他の例としては、チハ車のデカールを参照→こちら

c0000507_21284970.jpg
↑MMシリーズのソヴィエト軍戦車のうち、数字の豊富なデカールたち。
SU-85、SU-122、T-34/76(mod.1942)
by tokyomonogatari | 2010-07-18 21:29 | Russia/Soviet | Comments(0)
<< 1/35 デイジー Dragon 6054 [19... >>