Tamiya 35068-E [チーフテンのイギリス連邦軍戦車兵半身像]

Tamiya 35068-Eの半身像は、中々どうして良い造形ぶりである。
c0000507_0514988.jpg
c0000507_0515779.jpg
c0000507_052733.jpg
c0000507_0521553.jpg
c0000507_052249.jpg
c0000507_0523228.jpg
c0000507_0524171.jpg
c0000507_0524987.jpg
c0000507_0525785.jpg
c0000507_053528.jpg
c0000507_0531343.jpg
c0000507_0532092.jpg


-------------------------------------------
ひとりをHornetizeして組む。
c0000507_0532830.jpg
c0000507_0533843.jpg
c0000507_0534720.jpg
c0000507_0535634.jpg


-------------------------------------------

Tamiya 35068-Eは、70年代MMのキューポラに収まった各国の戦車兵において、秀抜なポオズが与えられており、
戦後/現用モノであるからといって、見逃してはならぬ像容である。
Tamiya 35068-Eは一枚441円。
c0000507_20384668.jpg
c0000507_2038547.jpg
c0000507_2039243.jpg
c0000507_20391240.jpg
c0000507_20391733.jpg
c0000507_20392312.jpg
c0000507_20392871.jpg
c0000507_20393371.jpg
c0000507_20393999.jpg
c0000507_20394691.jpg
↑デカールは一枚178円。
by tokyomonogatari | 2011-12-11 00:54 | U.K. | Comments(2)
Commented by よしおかきゅう at 2011-12-13 09:02 x
新鮮な再発見をさせていただくことが多いですが、このフィギュアの魅力も改めて知りました。
しかし、同時に感じるのは成形色の残念さですね。かつてモリナガヨウ氏も指摘されておりましたが、この濃い成形色は、あんまりな気がします。
Commented by tokyomonogatari at 2011-12-16 01:51
黒っぽいグリーンや、オリーブドラブ、そして黒、白は、フィギュアが冴えなくなる色で、この色で成型されているのを見るたびに、お可哀そうに、と声をかけたくなります。
タミヤ社MMフィギュアで言いますと、この戦後のイギリス軍戦車兵のふたりや、70年代フィギュアで抜きん出て表情が豊かなアメリカ機関銃チームセットの彼ら、
そして日本兵、ドイツ乗馬セットは、グレー成型の方がよっぽど冴える、と思うのです。

そしてピンクで成型されたピンクパンサーのフィギュアや、肌色で成型されたACADEMYのフランス外人部隊は、生々しくて彫刻の冴えとか別次元の領域で脳味噌が揺さぶられる不安感に、私は襲われます。
<< Tamiya 35283-Z ... Dragon 5904-bus... >>