Tristar 35011 [ドイツアフリカ軍団]

平野義高氏がフィギュアに与えるのは、静的な立ちポオズであることが多い中で、
6人セット中半数が歩きポオズというゼロ年代にドロップされた奇跡、
それこそがTristar 35011なのです。

歩きポオズの3人の中でもとりわけその像容が汎用性の高いものに仕上がっているのが、
Aであり、歩く足の運びにも違和感がなく、非の打ち所がない傑作であり、
すたすた歩くポオズのドイツアフリカ軍団兵士史上最高の逸品であると思います。

Tristar 35011-Aを組む過程
c0000507_2359014.jpg
↑ニッパーでゲートカット。
c0000507_23591026.jpg
↑デザインナイフでゲート処理。
c0000507_23591887.jpg
↑ズボンの内側の縫い目がやや弱めなのでデザインナイフで切り込んで強調。
c0000507_23592588.jpg
↑下半身を接着。
c0000507_23593247.jpg
↑上半身を接着。ドリルとデザインナイフで襟の内側を開口。
c0000507_23593993.jpg
↑デザインナイフのかんながけでパーティングラインを処理。
靴底にドリルで穴を開けて爪楊枝を持ち手にし、流し込み接着剤を薄く塗って、パーティングラインを処理した表面をならす。
c0000507_23594619.jpg
↑デザインナイフで腕のパーティングラインを処理。指の間を切り離してから、手と腕を切り離す。
手に0.8mm真鍮線を挿し込み、ドリルとデザインナイフで袖口を開口する。
c0000507_23595318.jpg
↑手を袖口に挿し込む。
c0000507_00238.jpg
↑少量の流し込み接着剤を塗布して腕を仮接着。ヘッドも仮に接着する。

c0000507_0145772.jpg
↑仮接着の腕とヘッドを分離、右尻に雑農をどう提げるかを考える。

------------------------------------------------------------------------------

Tristar 35011-Cを小改造して、8輪重装甲車に乗せる。
c0000507_0391942.jpg
c0000507_0391320.jpg
c0000507_039778.jpg
c0000507_039386.jpg
c0000507_0385895.jpg
c0000507_0385393.jpg


--------------------------------------------------------------------------------

Tristar 35011, German Africa Corps

c0000507_1635369.jpg
c0000507_1635850.jpg
c0000507_164445.jpg
c0000507_164981.jpg
c0000507_1641493.jpg
c0000507_1642164.jpg
c0000507_1642997.jpg
c0000507_1643459.jpg
c0000507_1644048.jpg
c0000507_1644471.jpg
c0000507_1645066.jpg
c0000507_1645559.jpg
c0000507_16514.jpg
c0000507_165736.jpg
c0000507_1651285.jpg
c0000507_1651969.jpg
c0000507_1652468.jpg
c0000507_1653088.jpg
c0000507_165395.jpg
c0000507_1654531.jpg
c0000507_1655099.jpg
c0000507_1655788.jpg
c0000507_166541.jpg
c0000507_1661066.jpg
c0000507_1661641.jpg
c0000507_1662267.jpg
c0000507_1662875.jpg
c0000507_1663444.jpg

by tokyomonogatari | 2011-05-30 00:18 | Comments(0)
<< Dragon 6186-fig... 戦前・戦中期 卓球史メモ(書き途中) >>