Dragon 3009 [現用アメリカ軍兵士とバイク]

このフィギュアで思い出すのは、中学高校同期にして早大模型倶楽部同期でもあったスズキ君のこと。
彼はこの立像をベースに、バグダッドというアメリカ兵ヴィネットにまとめていた。

高校時代、吹奏学部兼合唱部のスズキ君の自転車借りて、放課後たびたび向かったのが一駅向こうのH模型店。
H模型店は店舗と離れがあって、離れには模型が鍵かかって置いてあるという、
類例を見たことのない方式の模型店。
H模型店とは逆に向かえば、ホームセンター・ドイトがあって、地元にはドイトがないものだから、
ドイトドイトとスズキ君が言うのを、ドイトとは何ぞやと思っていたそのドイトに初めて行き、
そこで初めて実物を見たのが、その頃模型雑誌の情景作例の地面の素材として、現在よりも、
より使われる機会が多く、ドフィックスドフィックスとその文字が網膜に焼き付けられたそのドフィックス。

丁度、初ドイトの数日前に初めて買ったモデルグラフィックスのモリナガ氏の絵エッセイにて、
「ドフィックスを初めて使ったのも私ですよ」との旨の吹きだしがついていたものだから、
ドイト=ドフィックス=金子辰也氏=スズキ君のイメージの連鎖を、私は心の底に抱えていたようでございます。

その数年後のこと、アーマーモデリング誌にて、金子氏のハンヴィーのヴィネットに、まさにバグダッドとタイトルプレートがついているのを見た時、
スズキ君のバグダッドイメージとつながって、等号たどって左辺へ左辺へ向かうフラッシュバックの中で、
ドイトでドフィックスを買い、合唱部部室に戻ったあの日に、
グランドピアノに注がれていた斜陽の位置とサイズを、それこそ克明に思い出したものでございます。

そして、このフィギュアが最近再販されたのを知った時に、その斜陽を思い出したことを思い出したのでした。

Dragon 3009, U.S. Light Infantry

c0000507_9462977.jpg
c0000507_9461819.jpg
c0000507_946814.jpg
c0000507_9455917.jpg
c0000507_9454960.jpg
c0000507_9454094.jpg
c0000507_9453184.jpg
c0000507_9452352.jpg
c0000507_9451268.jpg
c0000507_945492.jpg
c0000507_9445658.jpg
c0000507_9444742.jpg
c0000507_9443921.jpg
c0000507_9443130.jpg
c0000507_9441967.jpg
c0000507_9441156.jpg
c0000507_944465.jpg
c0000507_9435667.jpg
c0000507_94349100.jpg
c0000507_9434324.jpg
c0000507_9433544.jpg
c0000507_9432884.jpg
c0000507_9431714.jpg
c0000507_943791.jpg
c0000507_9425849.jpg
c0000507_9424938.jpg

by tokyomonogatari | 2010-09-23 00:09 | U.S.A. | Comments(2)
Commented at 2010-09-23 00:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tokyomonogatari at 2010-09-23 22:39
あのドイトが無くなったと聞いて、あわててドイトHPを見てみると、千葉県の店舗はもう無いのですね。
H模型店の離れで作品をながめるたびに、大スケールのドイツ兵ヴィネットの、
木の枝ぶりの細かさにクラクラしております。

京成津田沼駅から歩けばフェニックス、
京成大久保駅にはサンコー模型店と、
あの頃、あの辺りはかなり模型的に恵まれていたのだと、今思います。

北習志野のポッポ玩具店が今年閉店したと聞いて、私は涙を流しました。
ポッポ玩具店のおもひでについては、気持ちの整理がつき次第、書きたいと思っております。
<< Tristar 35007 [... Gunze Sangyo社 1... >>