Dragon 6538 [1941年メタクサスライン、ドイツ山岳工兵]

Dragon 6538, Gebirgspioniere, Metaxas Line 1941

男同士仲良く寄り添って座り眠りこけさせて、仲良し男子=Gay Vague/BL Vague的な味付けを添えつつの配置が可能なTristar 35056には、
それこそ限りなくクラクラさせられており、買う以前から、2010年発売のインジェクションフィギュアベストの位置を占めるであろうと、確信しております。
早速、それを得てしがな、見てしがな、と模型店に向かったものの、眠れるドイツ兵たちがいらっしゃらず、
Dragonの新作、メタクサスラインの山岳工兵を買いました。

彫刻は冴えに冴え、彫れに彫れまくっております。
しかし、上半身ヴォリュームに比して下半身のヴォリュームがやや少なめな印象、という、
Dragon的体躯を踏襲していると、私はお見受けいたしました。
とはいえ、ひとつひとつのパーツのキレが、インジェクション最高峰の高みに、
この山岳工兵たちは到達なさっているので、買いか否かという質問はもはや愚問、
買い、に決まっております。

クソ若造の妄言と思って聞いていただきたいのですが、
ここまで彫れるのならば、Dragon社には、Kristian Bodi氏原型の1/35フィギュアを、
華麗にインジェクションフィギュア化していただきたい、と思います。
線と線の関係、というよりも、面と面の関係、面で押して造形するような美しいシワの造形を、
インジェクションプラスチックフィギュアとしてスパッと切れ味鋭く抜いたものを、見てみたいと、思うのです。
或いは、本馬幸雄氏の、真面目でいて軽やかなシワの造形のリズムを余すところなく金型に乗せた、
Dragon社によるインジェクションフィギュア、も見てみたいものでございます。

c0000507_174699.jpg
c0000507_175135.jpg
c0000507_175696.jpg
c0000507_18022.jpg
c0000507_18524.jpg
c0000507_18104.jpg
c0000507_181672.jpg
c0000507_182153.jpg
c0000507_182680.jpg
c0000507_183180.jpg
c0000507_183771.jpg
c0000507_184298.jpg
c0000507_184733.jpg
c0000507_18532.jpg
c0000507_19011.jpg
c0000507_19713.jpg
c0000507_191337.jpg
c0000507_191979.jpg
c0000507_192596.jpg
c0000507_193163.jpg
c0000507_19378.jpg
c0000507_194490.jpg
c0000507_19512.jpg
c0000507_195928.jpg
c0000507_110681.jpg
c0000507_1101231.jpg
c0000507_1101961.jpg
c0000507_1102550.jpg
c0000507_1103169.jpg
c0000507_1103858.jpg
c0000507_1104428.jpg
c0000507_1105188.jpg

by tokyomonogatari | 2010-12-26 01:11 | Germany | Comments(0)
<< Modelkasten Imp... Nichimo 4814-fi... >>