Dragon 6345 [1940-1941年、ドイツ軍山岳猟兵]

Dragon 6345, Gebirgsjäger 1940-1941

Gordon Rottman & Ron Volstad "The German Army Britzkrieg 1939-41"
(Concord Publications Company, 2005)
P.12-13の、「ドイツ山岳猟兵第3師団139連隊、1940年5月8日、ノルウェー・ナルヴィク」から、左のふたりが、
P.20-21の、「ドイツ山岳猟兵第5師団100連隊、1941年5月23日、クレタ島・259高地」から、右のふたりが作られたのが、
このDragon 6345。

Gen.2以降のGen.1=6343 Stalingrad Inferno以降の"revamped"なGen.1フィギュアの造形の特徴、
ヘッドの造形の質変化、下半身の長さというよりもボリュームの減少による、Dragon社Volstad氏元ネタフィギュアの上半身が下半身に比して大きめの傾向の踏襲を、
随所に含むフィギュアで、今になっては、Gen.2とGen.1の間で揺らぎが少し感ぜられたあの頃が懐かしいです。

なお、元ネタの絵(前掲、P.13)には、Kriegsmarineの水兵帽をかぶり、
ノルウェー軍1912年型野戦服を着て、第一次大戦期のGew.98ライフルを持っている、
という、フィギュア化が切望される海軍師団兵士も小さめに描かれており、
もう一方の元ネタの絵(P.21)には、キットの箱絵では地面、背景とともにトリミングされていながら、
パーツとしては含まれているKar.98kライフルとスコップも描かれています。

関連記事としては、Dragon社山岳猟兵リュックサック比較→
が存在。

c0000507_2354542.jpg
c0000507_2355485.jpg
c0000507_2355846.jpg
c0000507_236328.jpg
c0000507_236843.jpg
c0000507_2361657.jpg
c0000507_2362153.jpg
c0000507_2362622.jpg
c0000507_2363483.jpg
c0000507_236392.jpg
c0000507_2364561.jpg
c0000507_2364932.jpg
c0000507_2365524.jpg
c0000507_237111.jpg
c0000507_237718.jpg
c0000507_237157.jpg
c0000507_2372060.jpg
c0000507_237271.jpg
c0000507_2373581.jpg
c0000507_2374135.jpg
c0000507_2375096.jpg
c0000507_2375650.jpg
c0000507_238351.jpg
c0000507_238980.jpg
c0000507_2381596.jpg
c0000507_2382121.jpg
c0000507_2382853.jpg
c0000507_2383475.jpg

by tokyomonogatari | 2011-01-16 23:08 | Germany | Comments(0)
<< 白フチありの赤い数字でかつ12... yohaku >>