Tamiya 35009-figure [Ⅱ号戦車のドイツアフリカ軍団戦車兵]

Tamiya社のドイツアフリカ軍団フィギュアで、半ズボンに編上げブーツを履いた人は、
35009の彼か、35062=35268-Aのみである。
前者は後者に比して、素直に立っており、造形にやや70年代的フレイヴァ―が漂っているものの、
貴重な下半身と言えよう。

この下半身を用いた作品として印象的なのが、
35129のスプーンの彼のパーツを移植したNPG氏の作品*である。

35009のヘッドの頭髪を薄くさせたのは平田英明氏**であり、
「あたたかく戦況を見守る大阪府知事(?)」のキャプションも懐かしい。

-------------------------------------------
(註)
*「GERMAN INFANTRY WEAPONS SET」 『パンツァーグラフ!』 Vol.12 (2008年春号) p.39、モデルアート
**「オールドキット・ニューレビュー」 『アーマーモデリング』 Vol.16 (1999年8月号) p.94-96、大日本絵画
-------------------------------------------
c0000507_21515634.jpg
c0000507_21515076.jpg
c0000507_2151456.jpg
c0000507_21513963.jpg
c0000507_21513341.jpg
c0000507_21512812.jpg
c0000507_21512335.jpg
c0000507_21511712.jpg

by tokyomonogatari | 2011-02-06 21:24 | Germany | Comments(0)
<< 茶色い狼の茶色さについて Academy 13215-D... >>