Tamiya 35269-D [M1A2エイブラムスの現用アメリカ軍戦車兵]

Tamiya 35269-Dは、MMシリーズにおける現用アメリカ車輌クルーの最高傑作だと思います。
c0000507_6265548.jpg
c0000507_6264952.jpg
c0000507_6264355.jpg
c0000507_6263855.jpg
c0000507_626335.jpg
c0000507_6262949.jpg
c0000507_6262436.jpg
c0000507_6262089.jpg
c0000507_6261546.jpg
c0000507_6261046.jpg
c0000507_626545.jpg



---------------------------------------------------------
※小改造例

c0000507_5274852.jpg
↑Tamiya 35269-Dの半身像に全身像の下半身を移植し、Hornetizeしたもの。

c0000507_626097.jpg
↑左はTamiya 35269-Dの全身像に半身像機銃手の腕を合わせ、コミック本を持つポオズに調整してHornetizeしたもの。

c0000507_1452889.jpg
↑関節角度を調整。ペットボトル飲料を飲むポオズに小改造したもの。

------------------

c0000507_34235.jpg
c0000507_3415831.jpg
c0000507_341547.jpg
c0000507_341494.jpg
c0000507_3414344.jpg
c0000507_3413819.jpg
c0000507_3413233.jpg



-----------------------------------

大いなる悲観は大いなる楽観に一致するが如き趣で、叫び顔ヘッドは時に大笑いのヘッドとの判別がつき難い場合がある。
Tamiya社の事例では35193の下士官の叫び顔は笑い顔にも見え、
Dragon社ではGen.1中期のDragon Smile時代の叫びヘッドは笑い顔にも見える。
Hornetの場合は、欧米人の叫びと笑いの表情は明確に区別可能であるが、
東洋人ヘッドでは判別がつかぬ者がひとり居る。

ところで、Tamiya社の叫び顔ヘッドのフィギュログラフィーを眺めた時、
ゼロ年代以降の最高傑作は35269-D-33だと思う。
口内の彫りの深さと明確な叫びの表情に注目である。

Tamiya 35269-Dは、一枚787円。

余談であるが、インジェクションフィギュア史において、一番面白い現用アメリカ軍戦車兵ヘッドは、Dragon 3020であろう。
坊主ヘッドにかぶせる形式なのであるが、その戦車帽のヘッドへのフィット具合が絶妙なのである。
この気持ち良さは、経験した者同士で、アレはイイ、アレはイイね、と語りあい、しみじみと、そのおもひでに、
未経験者そっちのけで浸り、恍惚をおぼえるほどのものであり、それこそ最高のフィギュア体験と言えよう。

c0000507_23394617.jpg


c0000507_3444395.jpg
c0000507_3443818.jpg
c0000507_3443448.jpg
c0000507_3442996.jpg
c0000507_34424100.jpg
c0000507_3441988.jpg
c0000507_3441392.jpg
c0000507_344882.jpg
c0000507_344283.jpg
c0000507_343571.jpg
c0000507_343523.jpg
c0000507_3434881.jpg


c0000507_2340206.jpg
c0000507_23402572.jpg
c0000507_2340303.jpg
c0000507_23403590.jpg

by tokyomonogatari | 2011-02-25 23:40 | U.S.A. | Comments(0)
<< Dragon 6653 [19... Voyager Model P... >>