Tamiya 89629 [1/35 ロンメル元帥・ドイツ冬季装備歩兵 2体セット]

Tamiya社の1/35ロンメル元帥のヘッドの新旧を教養として見ておきましょう。
c0000507_221411.jpg
35113-Z
c0000507_22141657.jpg
↑89629
c0000507_2187.jpg
c0000507_21172.jpg

c0000507_284042.jpg


---------------------------

c0000507_241196.jpg
c0000507_2405314.jpg
c0000507_2404620.jpg
c0000507_2404079.jpg
c0000507_2403468.jpg
c0000507_2402788.jpg

-------------------------------------------------------------
Tamiya 89629, Feldmarshall Rommel & German Infantryman (Reversible Winter Uniform)

タミヤ社のロンメル元帥は、35113-Z(1979.9)以降、"伝統的"に、腕のポオズにオルタナティヴが用意されているのだが、2004年のこちらのロンメル元帥でも踏襲。
タミヤ社現状最新のロンメル元帥のフィギュアであり、インジェクションフィギュア史全体においても、
現状最新の1/35ロンメル元帥が、Tamiya 89629である。

35113がスポット再販され、ドイツアフリカ軍団兵士(35008, 1971.5を初出とする)に対して40年越しに遂に12641としてアフリカ袖章が与えられるこの4月に、
タミヤ社が再販して然るべきは、89629の1/35ロンメル元帥を置いて他にないと、私は思うのだ。

89629で注目すべきは、「ゼロ年代1/16→1/35限定三部作」に共通する、所謂"小火器ランナーY"よりも薄くてリアルな雑嚢と、
小火器ランナーYとは微妙に異なる銃剣、MP44のマガジンポーチが身体に沿うように分割された形で防寒服のドイツ兵に与えられ、
そして35176-Z以降、ドイツ軍フィギュアの持つ双眼鏡として一般化されているタイプの双眼鏡とは、
形の異なる双眼鏡がロンメル元帥に与えられていることであろう。

c0000507_22111116.jpg
c0000507_22111730.jpg
c0000507_22112343.jpg
c0000507_22112893.jpg
c0000507_22113443.jpg
c0000507_22114044.jpg
c0000507_22114792.jpg
c0000507_22115424.jpg
c0000507_2212058.jpg
c0000507_2212712.jpg
c0000507_22121376.jpg
c0000507_22121923.jpg
c0000507_2212268.jpg
c0000507_22123692.jpg
c0000507_22124296.jpg
c0000507_2213726.jpg
c0000507_22131226.jpg
c0000507_2213174.jpg
c0000507_22132275.jpg
c0000507_22132819.jpg
c0000507_22133369.jpg
c0000507_22133935.jpg

by tokyomonogatari | 2011-04-18 22:14 | Germany | Comments(2)
Commented by ピョン吉 at 2011-04-18 22:49 x
ロンメル将軍の新旧比べても良い出来ですね。新しい方だとパーツが細かく作られているのでリアルですね。だけどヘッドのタレ目具合が残念ですね。
Commented by tokyomonogatari at 2011-04-19 00:40
Legends & Loar 017 (http://tokyostory.exblog.jp/7258964/)
のロンメル元帥よりは、眼の造形に関しましてはTamiya社の新旧両方の方が本人のイメージに近いのではないか、
と、私は見ています。
<< Tamiya 89621 [1... Tamiya 89641 [1... >>