Tamiya 70004 [リモコンボックスセット(1972)]

Tamiya 70004, Remote Control Box Set

この春に理系院生となったT氏と、タミヤ社の楽しい工作シリーズのおもひでについて語り、
ステアリングシステムの思い出や、セルフニュートラルではなかった過去の3ch/4chギヤボックスのスタイリッシュさや、
金属ギヤ時代のリモコンギヤボックスへマブチの140をふたつ並べてズズっと入れる、あの贅沢にして金属がガッツリぶつかり合う男っぷりの良いノスタルジィについてなど、
ああでもないこうでもないと語りあう中で、

結局のところ、タミヤ社の過去の商品において、最高のパッケージデザインは、旧版の2chリモコンボックスであろう、
と私見を述べたところ、T氏は旧版の2chリモコンボックスと言われてもピンと来ないらしく、
アレですよ、アレ、昔のリモコン戦車にも付属していたモナカスタイルのアレです、と言っても通じず、
なるほど分かりました、ブログで記事にしますと言って、それを書いたのが本記事である。

c0000507_1282451.jpg
↑商品本体を敢えて大きく描かず、その機能が一目見て分かるようにデザインされたこのパッケージ以上に、
スタイリッシュな作品は存在しないと私は思う。

c0000507_1283013.jpg
↑箱側面。
c0000507_128352.jpg
↑中身。基盤や金具やレバーはモナカを連想させるリモコンのボディに入った状態で箱に収められ、
懐中汁粉的なあり方のリモコンボックスであると言えよう。

-----------------------------------

以下に組み立ての過程を示す。

c0000507_1284028.jpg
↑レバーに金具を装着する。
c0000507_1284581.jpg
↑レバーを所定の位置にセットして、基盤を乗せる。
c0000507_1285033.jpg
↑もう一方のレバーをセットする。
c0000507_1285678.jpg
↑ビス、ナットを締めて、基盤部を閉じる。

c0000507_129223.jpg
↑電池受け金具を差し込む。
c0000507_129776.jpg
↑電池カバーをスライドさせてセット。
単二乾電池を4本、そのボディに収めるものだから、ずっしりと重い。
けれど、その重さこそが、このリモコンボックスの愛なのです。

-----------------------------------------------------------

c0000507_1291299.jpg
c0000507_1291754.jpg
c0000507_129404.jpg
c0000507_1294556.jpg
c0000507_1295241.jpg
c0000507_1295857.jpg
c0000507_130364.jpg


-----------------------------------------------------------

Tamiya 7004/70004 リモートコントロールボックスセット 箱側面表示の変遷
c0000507_1391342.jpg
↑上から、
(1)品番四桁7004、300円時代
(2)品番五桁70004、300円時代
(3)品番五桁70004、400円時代
by tokyomonogatari | 2011-05-01 01:30 | マブチ的、或いは工作的 | Comments(5)
Commented by Kazufumi at 2011-05-01 08:40 x
はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いています。
リモコン、懐かしいですね!このリモコンが付いたタミヤの戦車群を作った後、MMに入りました。パッケージデザインはこうだったんですね。このリモコンでは自作で車とか船とか色々作ったので思い出深いです。良い記事ありがとうございました。
Commented by tokyomonogatari at 2011-05-03 00:49
Kazufumiさんのブログを、毎日拝読して勉強させていただいておりますので、
はじめまして、という感覚が無いほどなのですけれど、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

このリモコンギヤボックス、地元の模型店では結構見かけます。
松井康真氏の研究によれば、このリモコンボックス自体は1972年以前にもリモコン戦車用として用いられていたようですが、
本体のモールドに1972とあるので、それをタイトルに付しました。
Commented by Kazufumi at 2011-05-03 07:50 x
>ブログ
そうでしたか、失礼しました。:-) 

>1972
なるほど、1972以前にもあったということは歴史は大分古そうですね。

今でも買えるんですねー。昔の話ですが、私のとこでは文房具屋とかでも売られていました。マブチモーターとか工作シリーズと一緒に売られてましたね。「工作学習用」という位置づけだったのかもしれません。

しかし値段は300円だったんですね。当時の300円は今と感覚が違うと思いますが、それにしてもこういう工作用の製品が安くどこでも買えたのは良い時代だと思います。
Commented by tokyomonogatari at 2011-05-03 21:09
楽しい工作シリーズのおもひでについては、今後も書きたいと思っております。

小学校高学年の頃に、金属ギヤ・木製ボディ時代から、樹脂ギヤ・ユニバーサルプレートシステム時代への移行が始まったときに、
私はもう、若くないのだな、と悟ったものです。

プラスチックモデルキットに比べて、楽しい工作シリーズは、
モンキーポストマンをはじめ、生産停止のものをあちこちで良く見かけるので、
手に入れて、ノスタルジィに浸り易いアイテムとも申せるかと思います。
Commented by えすと at 2016-08-20 22:43 x
初めまして!手元にあるリモコンの素性を調べていてこちらにたどり着きました。私の手元にあるのは初期型とパッケージは同じですがナンバーが680004となっています
1970年発売当初の初期販売ロットだと思います

未開封なので中身が心配ですが何に使おうか悩みます
<< Master Box 3567... Dragon 6655 [ドイ... >>