Tamiya 35135-E [M113ACAVのヴェトナム戦争期のAFVクル―と兵士たち、或いは"ほむほむのE"]

このパーツは、RPG-7が含まれることから、"ほむほむのE”とも呼称されます。

Tamiya社のM113のE部品のフィギュアと言う場合、35040-E=35117と、
こちらの35135-Eとがあって、部品のみを注文する場合は注意を要します。

後者は、「ワルプルギスの夜」戦に用いられたRPG-7が含まれることから、
模型店の現場においては、前者と区別するために「M113のほむほむの方のEパーツ」などと呼称されたりもします。
また、M113という名称を持つTamiya社のキットが四種類あるため、Tamiya 35135それ自体を、「ほむほむ」と呼ぶ場合すらあります。

なお、Tamiya社の1/35MMシリーズにおいて、ほむほむが用いた小火器が模型化されているものとしては、
35135-EのRPG-7のほか、35276の89式小銃が存在します。
--------------------------

Tamiya 35135-Eは、M113ACAVクル―の表情と、走る兵士たちの疾走ぶりが抜きんでていて、
1987年という模型史家が冬の時代と呼ぶ時代にリリースされていながら、物凄く熱く、
ロックンロールしている感じ、とでも申せましょうか、ノリにノッているフィギュアで、刺激的なのです。
デカールにはコーク的なモノとバド的なもの*、そしてマルボロ的なものとウィンストン的なタバコも与えられ、小道具的にも豊潤。
勿論それを貼るべき部品も、このEパーツに含まれていて、今、Tamiya社MMのモデログラフィーを眺めたときに、
そういえばそれを持つべきソ連兵やヴェトナム兵が存在していない、RPG-7やAK-47もアクセサリーパーツとして含まれているなど、
何かと興味の尽きない一枚が、このTamiya 35135-Eなのです。

Tamiya 35135-Eは、一枚420円(税別)。

------------------------------------------
(註)
*コーク的なモノとバド的なモノの製作については、以下を参照。
2010.3.9記事
-------------------------------------------
c0000507_115376.jpg
c0000507_114841.jpg
c0000507_114123.jpg
c0000507_113551.jpg
c0000507_112958.jpg
c0000507_112450.jpg
c0000507_111871.jpg
c0000507_111110.jpg
c0000507_11257.jpg
c0000507_105454.jpg
c0000507_10483.jpg

c0000507_053102.jpg
c0000507_053426.jpg
c0000507_0525844.jpg
c0000507_0525183.jpg
c0000507_052435.jpg
c0000507_052374.jpg
c0000507_0523152.jpg
c0000507_052242.jpg
c0000507_0521630.jpg
c0000507_052667.jpg
c0000507_052033.jpg
c0000507_0515223.jpg
c0000507_0514798.jpg
c0000507_0514260.jpg
c0000507_0513822.jpg
c0000507_051346.jpg
c0000507_0512988.jpg
c0000507_0512486.jpg
c0000507_051198.jpg
c0000507_0511319.jpg
c0000507_051822.jpg
c0000507_051133.jpg
c0000507_0505538.jpg
c0000507_0504930.jpg
c0000507_0504272.jpg
c0000507_0503713.jpg
c0000507_0503111.jpg
c0000507_0502630.jpg
c0000507_0502063.jpg
c0000507_0501522.jpg
c0000507_050861.jpg
c0000507_050493.jpg

by tokyomonogatari | 2011-05-20 02:36 | U.S.A. | Comments(0)
<< タミヤ1/48雷電デカールの差異 Trumpeter 00429... >>