Tamiya 35297-V&W [8輪装甲車のドイツアフリカ軍団クル―]

c0000507_23223661.jpg
c0000507_23225063.jpg
c0000507_2323291.jpg
c0000507_23231332.jpg
c0000507_23232561.jpg
c0000507_23233680.jpg
c0000507_23234749.jpg
c0000507_23235768.jpg

c0000507_23325069.jpg
c0000507_23325946.jpg
c0000507_2333763.jpg
c0000507_23331669.jpg
c0000507_23332351.jpg
c0000507_23333190.jpg
c0000507_23333982.jpg
c0000507_23334718.jpg
c0000507_23335796.jpg
c0000507_2334871.jpg
c0000507_23341767.jpg


-----------------------------------------


2011年4月27日記事で既に指摘したように、
ゼロ年代のタミヤ社MMフィギュアには、AfricanizationとVignettizationの大きな傾向の中で、
本馬幸雄氏原型と推測されるアフリカ軍団フィギュアが多数登場。

88mm砲のアフリカ戦線版リメイクのフィギュア、35283-Z(2006.7)、
Sd.Kfz.222のアフリカ戦線版リメイクの35286-X(2007.9)、Ⅲ号戦車N型の戦車長、35290-F(2008.3)、
そして本記事の35297-V&W(2008.12)のドイツ・アフリカ軍団フィギュアに、本馬幸雄氏の造形に特徴的な、
ヘッドとズボンのシワとポケットの線と縫い目を見て取ることが出来ます*。

35297-V&Wで、双眼鏡を覗くフィギュアを造形したと推断される本馬幸雄氏なのですが、
『アーマーモデリング』2009年2月号(Vol.112)のAlpine Miniatures社の同氏原型フィギュアの作例記事では、

「たとえば「双眼鏡を覗く兵士」なんて聞くと、パーツ分割を考えるだけで頭が痛くなりそうです。」(p.106)

とも書いていらっしゃって、35297-V&Wで頭を悩まされたりしたのではないかなどと、
このフィギュアを眺めるたびに、気になるのです。

Tamiya 35297-V&Wは、一枚693円。

-------------------------------------------------------
(註)
*アフリカ軍団以外のドイツ軍フィギュアとしては、Ⅲ号突撃砲B型の突撃砲兵も本馬氏の原型だと推断される。
Tamiya 35281-D
--------------------------------------------------------


c0000507_240222.jpg
c0000507_2402979.jpg
c0000507_240352.jpg
c0000507_2404092.jpg
c0000507_2404552.jpg
c0000507_2405044.jpg
c0000507_240543.jpg
c0000507_2405985.jpg
c0000507_241584.jpg
c0000507_2411053.jpg
c0000507_2411589.jpg
c0000507_2412057.jpg
c0000507_2412568.jpg

by tokyomonogatari | 2011-05-27 02:41 | Germany | Comments(0)
<< 戦前・戦中期 卓球史メモ(書き途中) Italeri 1246 [1... >>