Dragon 3003 [ソヴィエト空挺軍降下兵]

Dragon 3003, Soviet VDV Air Assault Force

このフィギュアを千葉県の某模型店の棚にあることを確認したのは数ヶ月前のこと。
そして本日、再度棚を見れば、数ヶ月前と同じ場所に鎮座し、箱の傷みも相変わらずひどく、
何度も開け閉めされたのであろうことを如実に示す重ね貼りされたセロハンテープは、
相変わらず悉く黄変している。

箱側面をみれば1990とあるこのフィギュアに、正直あまり期待はしていなかったし、
そのセロハンテープの具合からして、開けられてはモデラーを落胆せしめたことは明白。
しかしながら、POPにプラモデル3割引とあり、ううむ、650円からの3割引ならば、買うか買わぬか悩ましいところである。

その、セール期間中であることを示すPOPには、脈略もなくマミさんの頭部が描かれており、
なるほど、プラスチックモデルと「マミられること」の親和性について考えれば、とりわけ1/35の兵隊ミニチュアは、
頭部を挿げ替えられる事の多さから、模型全ジャンルにおいて抜きん出た親和性を湛えていることは確かである*。
このPOPを描いた千葉県の模型店店員が、どのような意図でそれを描いたのかは不明であるが、
少なくとも1/35フィギュアの頭部を巡る史的変遷、或いは、頭部を挿げ替えること**、のアルケオロジーは、
一度それなりにまとめておかねばならぬと思わされる位には、示唆的であって、ここはひとつ、
箱がかなり傷んでいるにせよ、Dragon 3003を買っておこうと思ったのであった。

--------------------------------------------------
(註)
*ポーズ的には、Tamiya 35100-Dとの親和性が強烈であることは既に示した。
2011.6.5記事参照
**模型史上初めて1/35フィギュアの頭部を挿げ替えることについてある程度体系的に書いたテクストは、
モリナガ・ヨウ氏の「35分の1スケールの迷宮物語 連載11:人形の改造に手を出す」ではなかろうか。
「なんか越えてはいけない一線を越えたかんじ...。」の一文と、絵が物凄く印象的である。
(初出『モデルグラフィックス』1999年5月号、『35分の1スケールの迷宮物語』(大日本絵画,2003)P.30-31所収)
--------------------------------------------------

c0000507_0454729.jpg

c0000507_045536.jpg

c0000507_046080.jpg

c0000507_046620.jpg

c0000507_0461355.jpg


--------------------------------------------------

c0000507_0461983.jpg

c0000507_0462588.jpg

c0000507_0463151.jpg

c0000507_0463813.jpg

c0000507_0464581.jpg


--------------------------------------------------

c0000507_0465478.jpg

c0000507_047233.jpg


--------------------------------------------------

c0000507_23121138.jpg

c0000507_23121613.jpg
c0000507_23122163.jpg
c0000507_23122590.jpg
c0000507_23123248.jpg
c0000507_23123889.jpg
c0000507_23124288.jpg
c0000507_23124747.jpg
c0000507_23125793.jpg
c0000507_2313316.jpg
c0000507_23131167.jpg
c0000507_23131661.jpg
c0000507_23132516.jpg
c0000507_23133562.jpg
c0000507_23134110.jpg
c0000507_23134898.jpg
c0000507_23142935.jpg
c0000507_23143674.jpg
c0000507_23144352.jpg
c0000507_23145010.jpg
c0000507_23145817.jpg
c0000507_231574.jpg
c0000507_23151398.jpg
c0000507_23152036.jpg
c0000507_23152753.jpg
c0000507_23153367.jpg
c0000507_23154249.jpg
c0000507_23154859.jpg
c0000507_23155573.jpg

by tokyomonogatari | 2011-06-18 23:15 | Russia/Soviet | Comments(2)
Commented by sinya9k at 2011-06-19 01:32 x
お二人の方の顔の同じ箇所にホクロが。
うーむ、生き別れの兄弟を示す証、などと戯れてみるには、あまり顔が似てらっしゃらなくて残念。
Commented by tokyomonogatari at 2011-06-19 19:20
うーむ、撮影している時には気付かずに、トリミングしている時に気付いたのですが、
撮り直すのが面倒になり、そのままホクったヘッドをアップしました。
<< Dragon 6089 [19... ICM 35281 [アフガニ... >>