Dragon 6191 [リードグリーンデニム作業着のドイツ国防軍戦車兵]

このキットの華は、Cの上半身でございましょう。
キューポラに収まった戦車兵の身体が捻られている、というのは、
インジェクションフィギュア史上稀有な事例である、と思います。

c0000507_3293347.jpg
c0000507_3294347.jpg
c0000507_3295220.jpg
c0000507_33035.jpg
c0000507_3301573.jpg


-----------------------------------------
Dragon 6191-1AをHornetizeして組んだもの。
c0000507_5324773.jpg

-----------------------------------------

Dragon 6191, "Achtung-Jabo!" Panzer Crew (France 1944)

胸に大型ポケットの付いたリードグリーンデニム作業着スタイルのインジェクションフィギュアの、
傑作中の傑作と言えば、シュテファン・ミューラー・ヘアデメアテンス氏が塗装した作品*が卓抜で印象的な、
Tamiya 35177-Aであって、Tamiya社のドイツ軍戦車兵史上最高傑作である、と私は見ており、
セカンドベストがTamiya 35202-Zのオットー・カリウスと戦友たち**です。
そして、サードベストが、Dragon 6191でございましょう。

Dragon 6191は、Tristar社ポスト平野氏時代のスカルプターが原型を製作したものだと推断される造形なのですが、
マリナーファ村のオットー・カリウスの被服、のイメージが強いリードグリーンデニム作業着のことですから、
適度なサイズのオットー・カリウスの各種表情をたたえた差し替え用のヘッド、が、Dragon 6191を見るたびに、
私は欲しくなるのです。

----------------------------------------
(註)
*トニー・グリーンランド(著)、岡崎淳子(訳)、土居雅博(監修)『パンツァーモデリング・マスタークラス』(大日本絵画、1997)、P.139
**Tamiya 35202は現在生産停止中であるが、スポット再販攻勢期にある2011年のTamiya社から、そろそろ再販されて欲しいアイテムである。
------------------------------------------

c0000507_1385771.jpg
c0000507_139442.jpg
c0000507_139916.jpg
c0000507_1391466.jpg
c0000507_1391995.jpg
c0000507_139242.jpg
c0000507_139294.jpg
c0000507_1393368.jpg
c0000507_1393977.jpg
c0000507_1394556.jpg
c0000507_1395035.jpg
c0000507_139556.jpg
c0000507_139591.jpg
c0000507_140567.jpg
c0000507_1401336.jpg
c0000507_1401940.jpg
c0000507_1402530.jpg
c0000507_1403156.jpg
c0000507_1403862.jpg
c0000507_1404525.jpg
c0000507_1405144.jpg
c0000507_1405757.jpg
c0000507_141352.jpg
c0000507_1411067.jpg
c0000507_141168.jpg
c0000507_1412182.jpg
c0000507_141276.jpg
c0000507_1413643.jpg
c0000507_1414218.jpg
c0000507_1414812.jpg
↑Dragon社の1/35ドイツ軍フィギュアに付属するヘッドフォン・エッチングには6014と6214があり、長さが異なる件については、
2007.12.8記事を参照。
そして、パッケージのされ方は三種類存在。
(1)袋を熱接着し、サイズに余裕があるタイプ
(2)エッチングパーツのサイズにキッチリ合ったピチっとしたタイプ
(3)チャック付き袋に入ったタイプ
がある。
by tokyomonogatari | 2011-07-24 01:41 | Germany | Comments(0)
<< Dragon 6193 [ドイ... Dragon 6214 [迷彩... >>