Dragon 6138 [ドイツアフリカ軍団兵士]

Dragon 6138では、造形の美しさとポオズの稀有さで際立っているDが傑作だと思うのですけれども、
彼はABCと比較したときにやや体躯が大きいという難点を抱えております。
彼ひとりのみで用いるか、他のフィギュアと併置するときに離すかの処置を行った方が良さそうだとお見受けしております。
c0000507_14339100.jpg

c0000507_1454838.jpg

c0000507_1461013.jpg

c0000507_1461837.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------

Dragon 6138-Dを組む。

c0000507_0212341.jpg
↑ニッパーでゲートカット。
c0000507_0215236.jpg
↑ズボン内側の縫い目をデザインナイフで切り込んで明瞭にしておく。

c0000507_02252.jpg
↑上半身下半身を接着。
c0000507_0222858.jpg
↑デザインナイフでパーティングラインを処理。

c0000507_0224469.jpg
↑襟の内側をドリルとデザインナイフで開口。

c0000507_0225949.jpg
袖口もドリルとデザインナイフで開口。

c0000507_0293922.jpg
↑少量の流し込み接着剤で腕を仮接着。
 靴底にドリルで穴を開け、爪楊枝を挿し込んで持ち手にする。

c0000507_0295242.jpg
↑表面に薄く流し込み接着剤を塗ってならす。

c0000507_0341185.jpg
↑Aのボディ
c0000507_0345959.jpg
↑Bのボディ
c0000507_0351078.jpg
↑Cのボディ

---------------------------------------------------------------

Dragon 6138, Afrika Korps Infantry

ゴーグル三種が入っている点で、メガネ男子的要素が強化されている印象のドイツアフリカ軍団兵士の逸品が、Dragon 6138である。
このキットは、Tristar社ポスト平野氏時代の原型師による造形だと推断されるDragon社フィギュア群のひとつである。
c0000507_10164090.jpg
c0000507_10164773.jpg
c0000507_10165312.jpg
c0000507_10165722.jpg
c0000507_1017392.jpg
c0000507_101784.jpg
c0000507_10171373.jpg
c0000507_10171847.jpg
c0000507_10172599.jpg
c0000507_10173017.jpg
c0000507_10173643.jpg
c0000507_10174112.jpg
c0000507_10174725.jpg
c0000507_10175427.jpg
c0000507_1018021.jpg
c0000507_1018641.jpg
c0000507_10181298.jpg
c0000507_10181981.jpg
c0000507_10182513.jpg
c0000507_10183177.jpg
c0000507_10183796.jpg
c0000507_10184450.jpg
c0000507_10185056.jpg
c0000507_10185841.jpg
c0000507_1019562.jpg
c0000507_10191125.jpg
c0000507_10191624.jpg
c0000507_10192237.jpg
c0000507_1019299.jpg
c0000507_10193597.jpg
c0000507_10194197.jpg
c0000507_10194767.jpg
c0000507_10195362.jpg

by tokyomonogatari | 2011-11-03 01:52 | Comments(0)
<< Tamiya 35039-A ... ヨアヒム・パイパーフィギュア記事索引 >>