Dragon 6344 [1939年ポーランド、第28歩兵師団のドイツ兵とポーランド兵捕虜]

c0000507_21504642.jpg
↑ポーランド軍rogatywka帽。
モールドが若干ファジー。
revamped-Gen.1時代の幕開けとなったDragon 6343-Aの将校帽と同様に、ファジーでかつフチが厚い傾向が出た感アリ。
Post-Gen.2="revamped"時代のGen.1フィギュア装備品は、前時代の良品に比した時にややシャープさに欠ける傾向があるかとお見受けしております。
しかしポーランド軍の、この帽子がインジェクションパーツ化されただけで万々歳です。

c0000507_21493878.jpg
↑6344ポーランド兵のボディと、6343ドイツ軍戦車兵。
ポーランド兵は腕組みに流されてボディは後方傾斜、「学ラン男子仁王立ち」的姿勢である。
しかしこれは裾までの上半身パーツと、下半身パーツの合わせ角度である程度変えられそう。
c0000507_21542765.jpg
↑M36軍装・上半身パーツ。
左端は6343D、その右から6344A・B・D
c0000507_21543111.jpg
↑背面表象。
c0000507_2154343.jpg
↑左から、
・Tristar 35024A
・6201
・6343D
・6344A
c0000507_21543988.jpg
↑背面表象。
c0000507_21544264.jpg
↑Dの歩き下半身。
c0000507_21544749.jpg
↑体の右側から見た方が、Dの歩き方は安定している。
同社ブーツ系下半身のなかで、6087Cに並んで安定している歩き系下半身だとお見受け致します。

-------------------------------------------------------

Gordon Rottman & Ronald Volstad, "The German Army: Blitzkrieg 1939-41 (Concord Pub.2005)
P.5のヴォルスタッド氏の絵から4人ををフィギュア化したのが、Dragon 6344。
キットの箱絵では白バックになっている部分に、元絵では更に5人のポーランド兵捕虜が並んでいます。


Dragon 6344, 28th Infantry Division, Poland 1939

c0000507_1984157.jpg
c0000507_1983515.jpg
c0000507_1982743.jpg
c0000507_1982030.jpg
c0000507_1981368.jpg
c0000507_198657.jpg
c0000507_198090.jpg
c0000507_1975532.jpg
c0000507_1974961.jpg
c0000507_1974325.jpg
c0000507_1973863.jpg
c0000507_1973239.jpg
c0000507_1972640.jpg
c0000507_197173.jpg
c0000507_1971089.jpg
c0000507_197385.jpg
c0000507_1965729.jpg
c0000507_1964855.jpg
c0000507_1964360.jpg
c0000507_1963912.jpg
c0000507_1963527.jpg
c0000507_1963128.jpg
c0000507_1962621.jpg
c0000507_1962194.jpg
c0000507_1961734.jpg
c0000507_1961116.jpg
c0000507_196665.jpg
c0000507_196064.jpg
c0000507_1955535.jpg
c0000507_1955187.jpg
c0000507_1954720.jpg
c0000507_1954124.jpg
c0000507_1953723.jpg
c0000507_1953316.jpg
c0000507_1952944.jpg

by tokyomonogatari | 2011-07-29 02:12 | Germany | Comments(0)
<< Tamiya 35318-F ... Dragon 3020 [湾岸... >>