Dragon 6213 [ドイツ軍将校とカニ眼鏡]

Dragon 6213, German Command Staff

通称「Dragonのカニメガネ男子将校」であり、「ゼロ年代1/35インジェクションフィギュアドイツ軍将校会議モノ四傑作」のうちのひとつ。

なお、
Dragon 6144「Dragonの将校カンファ」
Dragon 6213 「Dragonのカニメガネ男子将校」
Tristar 35006 「Tristarのメガネ男子将校」
Tristar 35018 「Tristarのラストコンサル将校」
が、ゼロ年代将校会議モノ四傑作*である。
このうち、Dragon 6213とTristar 35018は同じ原型師によるものであると推測されます。

Tristar 35006は無論、平野義高氏原型ですが、平野氏はややブーツを細身にキュッとしぼって、
ズボンとメリハリを付けて、クールな造形をなさる傾向があるように見受けられます。

以下の写真3枚は、若干太めにすることを試み、Dragon 6213の将校ブーツを、Tristar 35006に移植してみたもの。
c0000507_9545363.jpg
c0000507_955545.jpg
c0000507_10161984.jpg


--------------------------------------------------------------------------
(註)
*ミリタリーフィギュアにおける将校的でかつ動的な身振りは、「指差すこと」と「見ること」に大別される。
ゼロ年代の将校群像モノにおいては、「指差すこと」よりも「見ること」に重点が置かれていた感がある
本記事で眺めるDragon 6213では、将校の視覚を強調し、強化するアイテム、
カメラと双眼鏡が与えられた上で、カニ眼鏡が共有されている。

思うに、上記のTristar 35006と35018で、眼鏡をかけている将校がひとりずつ登場しているのはゼロ年代的な視覚強調時代にあって似つかわしい事象と言えよう。
35018は写真をモチーフにしており、メガネ将校が登場しているのはその再現に他ならないが、
35006においては、Aber社特製のエッチング丸メガネを同梱してまで、
将校的な「見ること」を強調してみせたTristar社の心意気に私は感じ入ったものである。
----------------------------------------------------------------------------

Dragon 6213-Dを組む。

c0000507_23505176.jpg
↑ニッパーでゲートカット。
c0000507_2351062.jpg
↑デザインナイフでゲートを処理。流し込み接着剤で上半身と下半身を接着。
c0000507_2351930.jpg
↑デザインナイフのカンナがけでパーティングラインを処理。流し込み接着剤を塗って表面をならす。
c0000507_2301082.jpg
↑全体を調整しつつ流し込み接着剤で組む。ヘッドはHornet。
c0000507_2301847.jpg

c0000507_2302656.jpg

c0000507_2303590.jpg

c0000507_2304379.jpg


---------------------------------

同様にDragon 6213-Aを組む。ヘッドはHornet。

c0000507_2313859.jpg

c0000507_2321930.jpg

c0000507_2322912.jpg

c0000507_232375.jpg

c0000507_2324583.jpg


c0000507_2325774.jpg


----------------------------------------------------------------------------

c0000507_938069.jpg
c0000507_938765.jpg
c0000507_9381322.jpg
c0000507_9381841.jpg
c0000507_9382347.jpg
c0000507_9383061.jpg
c0000507_9383598.jpg
c0000507_938449.jpg
c0000507_9384915.jpg
c0000507_9385535.jpg
c0000507_939047.jpg
c0000507_939558.jpg
c0000507_9391057.jpg
c0000507_9391867.jpg
c0000507_9392885.jpg
c0000507_9393480.jpg
c0000507_9394194.jpg
c0000507_9394828.jpg
c0000507_939582.jpg
c0000507_940787.jpg
c0000507_9401515.jpg
c0000507_9402275.jpg
c0000507_9402939.jpg
c0000507_9403617.jpg
c0000507_9404362.jpg
c0000507_940508.jpg
c0000507_9405671.jpg
c0000507_941380.jpg

by tokyomonogatari | 2011-08-15 09:43 | Germany | Comments(3)
Commented by CHAMINEN at 2011-08-17 00:01 x
はじめまして。いつも秀逸な記事を拝見させていただいております。
ドラゴンのコマンドスタッフ、全体的にいいのですが、ロシア軍みたいな将校帽には少々ゲンナリしました。
さて、このたびブログをはじめして「模型慕情」さんにリンクを貼らせていただきたく思うのですが、よろしいでしょうか? 早々に不躾なお願いで恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
Commented by tokyomonogatari at 2011-08-17 01:31
はじめまして。
某掲示板で未完成病と診断されましたが、自己診断ではフィギュアレビュー依存症な、tokyomonogatariと申します。

セリフ劇としての邦画論を拝読し、長ゼリフの条件下だと、
小津映画は対象から外れるのだな、うん、そうか、やっぱりそうか、と思わされました。
また、「メリークリスマス、ローレンスさん」なハラ軍曹の
頭像、物凄く興味深く拝見させていただきました。

リンクの件はどうぞどうぞ。こちらからもリンクさせていただきます。
Commented by CHAMINEN at 2011-08-17 22:55 x
小津作品は完全に自分の勉強不足です(汗
邦画=セリフ劇ってのは、いささか乱暴すぎたと後から反省しています。ポツポツ喋る笠智衆も好きですよー。
戦メリたけしは好きなテーマなので、もう少ししたらリメイクしたいと考えています。

リンクありがとうございました。何だかとても恐縮です。
こちらも正式にリンクを張らせていただきましたのでご報告させていただきます。
<< ICM 35131 [1943... Tamiya 1/35 &qu... >>