Tamiya 35081-E [M16スカイクリーナーのアメリカ軍クルー]

Tamiya社MMフィギュアにおける、振り返るポオズの運転手史を振り返ってみることは容易なことで、
それは二例しかありません。

35195-Zのシュッツェンパンツァーの武装親衛隊運転手と、
35081-E上半身×35070=35081=35083-B下半身によるアメリカ軍運転手のみです。

アメリカ軍ドライバーを振り返らせるには、上述のように少しばかり混み入った状況で、
つまりは、35070=35081=35083-BのM3ハーフトラック系列に共通する運転手の下半身と、35081-Eの振り返りポオズの上半身を合わせることにより、
MM史上唯一の、後ろを振り返るアメリカ軍運転手が製作出来るのです。

この振り返りポオズのアメリカ軍運転手(1976.4)について、1965年生まれのウラソフ氏は、
「プロポーションも非常に自然で、当時のフィギュアでも秀作の部類に入る。*」
と評価なさっています。

----------------------------------------------
(註)
*『パンツァーグラフ!』 2008年春号、P.29
----------------------------------------------


c0000507_1956431.jpg
c0000507_1951114.jpg
↑後ろを振り返る運転手。

c0000507_19505564.jpg
c0000507_19504876.jpg
c0000507_19504341.jpg
c0000507_19503811.jpg
c0000507_19503266.jpg
c0000507_19502748.jpg
c0000507_19502298.jpg
c0000507_19501814.jpg
c0000507_19501383.jpg
c0000507_1950896.jpg
c0000507_1950463.jpg
c0000507_19495997.jpg
c0000507_19495579.jpg
c0000507_1949504.jpg
c0000507_19494595.jpg
c0000507_19494026.jpg
c0000507_19493586.jpg
c0000507_19493090.jpg
c0000507_19492537.jpg
c0000507_19491857.jpg
c0000507_19491477.jpg

by tokyomonogatari | 2011-08-29 19:34 | U.S.A. | Comments(0)
<< Dragon 6003 [19... Acadmy 1377 [19... >>