Tamiya 35150-Z [ピバーのヴェトナム戦争期のアメリカ兵]

Tamiya社MM史を振り返れば、音楽的小道具はこのラジカセが唯一*なのである。
そして、1/35インジェクションミリタリーフィギュアの全体史を楽器に着目しつつ振り返れば、
現状では、ICM社及びTrumpeter社のソヴィエト兵にアコーディオンが与えられ、
Master Box社によって、スコットランド兵にバグパイプが与えられているのみである。

Miniart社の新製品として予定されている、アコーディオンを演奏する武装親衛隊戦車兵では、
インジェクションフィギュアキット史上初めて、ドイツ人の楽器演奏が許可される形となり、
ドイツ傾斜のインジェクションフィギュア界にあっても長年成し遂げられていなかったことがようやく実現するという意味において、
やはり、革命的と言うより他ないこと、なのであって、Miniart社の同キットを期待してお待ち申し上げておりますし、
それよりも、何にも増して気になるのは、Miniart社の日本陸軍戦車兵、な最近なのです。

---------------------------------------------
(註)
*やや"音楽的"の解釈を拡大すれば、第二次大戦期ドイツ軍のヘッドフォンや、戦後のAFVクル―のヘッドセットを音楽的小道具としてカウントすることも可能であろう。
フィギュアを含まないキットでの音楽的小道具としては、Academy社のラジカセのほか、
Alan社のⅡ号戦車J型には蓄音機が付属しており、レコード盤がデカールとして与えられている。
なお、同キット用のThe Show Modelling社のエッチングでは、レコード盤もパーツ化されている。
-----------------------------------------------

c0000507_2325797.jpg
c0000507_233889.jpg
c0000507_2331676.jpg
c0000507_2332487.jpg
c0000507_2333738.jpg
c0000507_2334229.jpg
c0000507_2334714.jpg
c0000507_2335231.jpg
c0000507_2335767.jpg
c0000507_234234.jpg
c0000507_234768.jpg
c0000507_2341265.jpg
c0000507_2341859.jpg
c0000507_2342460.jpg
c0000507_234348.jpg
c0000507_2344057.jpg
c0000507_2344633.jpg
c0000507_2345418.jpg
c0000507_235283.jpg
c0000507_2351175.jpg
c0000507_2352793.jpg
c0000507_2353393.jpg
c0000507_2353915.jpg
c0000507_2354516.jpg


----------------------------------------------
Tamiya 35150-Zは、一枚651円。

c0000507_6575412.jpg
c0000507_658918.jpg
c0000507_6582076.jpg
c0000507_6582945.jpg
c0000507_6583944.jpg
c0000507_6585731.jpg
c0000507_6591494.jpg
c0000507_6592366.jpg
c0000507_659326.jpg
c0000507_6594115.jpg
c0000507_705373.jpg
c0000507_711465.jpg
c0000507_712662.jpg
c0000507_713973.jpg
c0000507_715410.jpg
c0000507_732914.jpg
c0000507_733913.jpg
c0000507_735096.jpg
c0000507_74241.jpg
c0000507_741649.jpg
c0000507_742687.jpg
c0000507_74364.jpg
c0000507_744793.jpg

by tokyomonogatari | 2011-09-10 02:35 | U.S.A. | Comments(0)
<< Tristar 35016 [... Tamiya 35256 [ド... >>