Dragon 6120 [1944年ノルマンディ、第2機甲師団のアメリカ兵]

Dragon 6120, U.S. Infantry, 2nd Armored Division (Normandy 1944)

結局のところ、2011年の今日においても、インジェクション、レジンフィギュアともに、
歩きポオズで、心にグイグイ、グッとくる決定打的キットは不在であると思いますし*、
リリース数の少ない、或いは皆無な国の兵隊のインジェクションフィギュアがもし出る事があるとしたら、
彼らには戦闘の物語そのものを被説話的にモデラーに強烈に与えてしまい、物語の"書き換え可能性"**を奪う戦闘的ポオズよりも、
モデラー自らが物語を能動的に編む事の出来る余白が、それよりもまだ残されている身振りを与えて欲しく、
つまりは全ての国籍の兵隊に、まずは歩いていただきたい、と私は思うのです。

Fine Molds社が、歩く日本兵を参考出品したというのを模型雑誌で読んだ時、
不意に落涙して誌面を濡らしてしまったほどに、私は感激したのですけれど、
立ち止まる、或いはキューポラに静的に収まることでもなく、戦闘的でもなく、
モデラー側に物語を編集する行為を寛容に委ね、
メーカー側が物語を閉じてしまうことなく、適度に開かれた上で緩やかに放擲し得る身振りとしては、
歩きポオズ以上のものはあり得ない、と私は思います。

ドイツ軍偏重なミリタリー模型的ディスコースの中で沈黙を強制されている人々=1/35フィギュアにおけるサバルタンが、
もし、インジェクションキットとしてリリースされる僥倖にあずかる時があるとしたら、モデラーが描き得る物語の可能性=説話可能性、
90年代末からゼロ年代初頭の日本におけるAM-情景論的タームを用いれば、ストーリーテリングの可能性が、
より制限されない形にポオズがディレクションされて欲しいのです。豊富な語りを彼らに与えるために。

さて、90年代以降の模型史において、歩きポオズの1/35インジェクションフィギュアを、
最も多くリリースしたのはDragon社なのですが、
「キット中の歩く兵士全てにおいて、歩くポオズの固定を最も違和感のないレベルで遂行し得ているキット」
が、このDragon 6120だと思うのです。

このDragon 6120、早大模型倶楽部が最も熱かった頃は、おそらく全ての部員が持っておりましたが、
このキットを、「フィギュア少なし歩けよ米兵」と呼んでおりました。

とはいえ、アメリカ兵もリリース数においては恵まれている方で、
すたすた歩く日本兵、中国兵、イタリア兵、フィンランド兵、ハンガリー兵、ルーマニア兵、フランス兵、オランダ兵、ベルギー兵、
ユーゴスラビア兵、クロアチア兵、ブルガリア兵.......が***、
インジェクションキットとして登場する日が、2010年代にあって欲しい、と、
期待を込めて願っては、ふと現実に引き戻され、その度に切なくなる秋の日でございます。

-------------------------------------------
(註)
*私見では、歩く兵士のポオズの固定においてベストはMaster Box 3517と、3538のふたり=3553。
Dragon社の歩きポオズ下半身のベストは6087-C=6098-B。
**ここでは、人形改造の可能性とほぼ同義。
***もし、1/35フィギュアで、あなたの思うものを何でも(商売抜きで)リリースしてやると、模型の神様に言われれば、
私は迷うことなく、「1916年ダブリン、イースター蜂起のアイルランド義勇軍の人々」を所望する。
-------------------------------------------

Dragon 6120にはノルマンディー戦線60周年記念版、Dragon 6236があります。

Dragon 6120=6236の歩きぶりを見ておきましょう。

c0000507_3124757.jpg
c0000507_3125786.jpg
c0000507_313612.jpg
c0000507_3131449.jpg
c0000507_3131987.jpg
c0000507_3132582.jpg
c0000507_3133030.jpg
c0000507_3133562.jpg
c0000507_3134079.jpg
c0000507_3134570.jpg
c0000507_3135185.jpg
c0000507_314090.jpg
c0000507_31484.jpg
c0000507_31418100.jpg
c0000507_3142746.jpg
c0000507_3143726.jpg
c0000507_314449.jpg
c0000507_3145079.jpg


---------------------------------------------------
c0000507_0564584.jpg

---------------------------------------------------

c0000507_3155859.jpg
c0000507_316813.jpg


c0000507_3194037.jpg
↑head A
c0000507_3194917.jpg
↑head B
c0000507_3195920.jpg
↑head C
head BとC は良く似ている。
c0000507_320832.jpg
↑head D
c0000507_3201684.jpg
c0000507_3202672.jpg
c0000507_3203816.jpg
c0000507_3205114.jpg
c0000507_321357.jpg
c0000507_3211549.jpg
c0000507_3212692.jpg
c0000507_321359.jpg
c0000507_3214498.jpg
c0000507_321575.jpg
c0000507_3221439.jpg
c0000507_3222673.jpg
c0000507_3223551.jpg
c0000507_322451.jpg
c0000507_3225473.jpg
c0000507_323616.jpg
c0000507_3231914.jpg
c0000507_3233182.jpg
c0000507_3234084.jpg
c0000507_3235057.jpg
c0000507_324278.jpg

by tokyomonogatari | 2011-09-30 03:14 | U.S.A. | Comments(0)
<< Dragon 3028 [ネイ... Dragon 6163 [19... >>