Dragon 6158 [1944年アンツィオ、ヘルマンゲーリング師団の兵士]

1/35インジェクションフィギュア史において、コートスタイルで歩く兵士の完全無欠な決定打は、未だに存在していないと思います。
そのような状況にあって、Master Box 35103の新製品予告のありがたさは至上のものであり、
購入必至、歩くコート兵士史上最高のものになること必定であることは、
ここで敢えて指摘するまでもないほどに明瞭なことでございましょう。

ここで一応、教養としてこれまでのDragon社のドイツ兵コート・ウォーキング史を復習しておきますと、
迷彩スモックや降下猟兵ジャンプスーツを上からまとわず、ストレートなコートスタイルで、
すたすた歩く*兵士は、Dragon 6115-C**と、6158-Aのふたりが存在します。

6115-Cも、6158-Aも、右脚前でポオズが固定されていますが、
前者はコートのパーツの合いはグッドではあるものの、翻りを修正したい衝動に襲われ***、
後者はコートのパーツの合いがやや爽快感を欠く印象。
スパスパ気持ちよく合うDragon社の巧みな分割ぶりを経験していればなおさら、
6158-Aのディスコード感が不思議なのです。

しかしながら、6115-Cが、組んでみればほんの少し後方に上半身を反らしている格好になるのに対し、
6158-Aは真っ直ぐにすたすた歩いている印象であり、歩く身振りの汎用性と真面目さにおいては、
やや後者に分があると思います。

------------------------------------------------------------------------
(註)
*Dragon 6098-Aは右脚が前に出ているが前進感に欠け、Dragon 6119-Dは大股に「踏み込んでいる」印象である。
ここでは「すたすた歩く」の語で6098-Aと6119-Dを対象から排除している。

**Dragon 6115-Cの歩きぶり
c0000507_4302930.jpg
↑左が6115-C、右が6115-A

余談ですが、6115-Aの迷彩スモックの下のコートの裾のパーツの合いの気持ちよさといったら、無類なのです。

c0000507_430428.jpg
↑この歩くふたりは、マスキングテープ二枚重ね細切りによる紐の表現の習作でもありました。



***6115-Cの翻りの修正過程
c0000507_436293.jpg
↑6115-C純正。
c0000507_436128.jpg
↑修正する部分を切除。
c0000507_4362361.jpg
↑エポキシパテで修正。
c0000507_4363353.jpg
↑ラッカーパテを塗る。
c0000507_4364841.jpg
↑修正終わり。

----------------------------------------------------------------------

Dragon 6158-AをHornetizeして、「歩きながら歌う人」をざっくりと作ったもの。

c0000507_41347.jpg
c0000507_411245.jpg
↑後ろから見ると、右側に傾き過ぎている印象が強まる。
これは両足のレギンス以下を一度カットして、若干右脚を長めに延長しつつ再接着して対処したいところ。

-----------------

Dragon 6158において、最高の歩きぶりが与えられているのは、空軍野戦服のDの彼だと思います。

c0000507_412592.jpg
c0000507_414311.jpg
c0000507_415388.jpg
c0000507_42031.jpg
c0000507_42783.jpg
Dragon 6087-Cとの併置。
c0000507_421517.jpg
c0000507_422275.jpg
c0000507_4228100.jpg


---------------------------------------------

Dragon 6158-Aを組む過程。

c0000507_22554143.jpg
↑ニッパーでゲートカット。
c0000507_22555581.jpg
↑デザインナイフでゲート処理。
c0000507_2256128.jpg
↑流し込み接着剤で左右下半身の接着。
c0000507_22562383.jpg
↑デザインナイフで下半身のパーティングライン処理。
c0000507_2256419.jpg
↑流し込み接着剤でコートの裾パーツを接着。

---------------------------------------------

Dragon 6158-C

c0000507_1342068.jpg

c0000507_1342738.jpg

c0000507_1343331.jpg

c0000507_1343974.jpg

c0000507_134458.jpg

c0000507_1345235.jpg


---------------------------------------------
Dragon 6158, German Infantry HG Division (Anzio 1944)
c0000507_50431.jpg
c0000507_501664.jpg
c0000507_50247.jpg
c0000507_503390.jpg
c0000507_504274.jpg
c0000507_505681.jpg
c0000507_51108.jpg
c0000507_512087.jpg
c0000507_512995.jpg
c0000507_513944.jpg
c0000507_515089.jpg
c0000507_52236.jpg
c0000507_521849.jpg
c0000507_523423.jpg
c0000507_524657.jpg
c0000507_525691.jpg
c0000507_53665.jpg
c0000507_531772.jpg
c0000507_532785.jpg
c0000507_533787.jpg
c0000507_53512.jpg


c0000507_544632.jpg
c0000507_545699.jpg
c0000507_55518.jpg
c0000507_551637.jpg
c0000507_553039.jpg
c0000507_554446.jpg
c0000507_555482.jpg
c0000507_56566.jpg


c0000507_572088.jpg

by tokyomonogatari | 2011-10-06 04:02 | Germany | Comments(0)
<< Tamiya 1/35 M8 ... 1/35 ワインを勧めるドイツ... >>