Tamiya 35051=35270=35286-A [Sd.Kfz.222の車長]

パンツァーヤッケを着たドイツ国防軍装甲車クル―の彼を、モリナガ・ヨウ氏は、「知的フィギュア」と評されました*。

ここで教養程度にTamiya社MMシリーズにおけるパンツァーヤッケを着た装甲車クル―フィギュア史を振り返っておきますと、
35036-D(1974.3)の8輪重装甲車の車長と、35051-A(1975.4)のSd.Kfz.222の車長、
そして、35115-C(1980.3)のSd.Kfz.250/9デマーグの双眼鏡を覗く男と、35147-C(1990.7)のSd.Kfz.251/9カノーネンワーゲンに刷毛塗りをする男、の四人がいます。

35036は35297として、35051は35286として、ダークイエロー成型化**を経験しており、35115と35147は元来ダークイエロー成型です。
つまりは、パンツァーヤッケ着用の装甲車クル―は皆ダークイエローの身体を経験して今に至っているのです。

----------------------------------
(註)
*Armour Modelling 2010.3 (Vol.125)初出、『モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記』(大日本絵画、2011)P.25所収
**ダークイエロー成型化は、ゼロ年代MMの"Africanization"=アフリカ戦線化の傾向の中で顕著に見受けられた現象であった点を留意。
35036-Dのダークイエロー成型版、35297-Dは次の記事を参照→8輪重装甲車のベレー帽・パンツァージャケットスタイルの車長
---------------------------------
c0000507_721052.jpg
c0000507_721646.jpg
c0000507_7211114.jpg
c0000507_721162.jpg
c0000507_7212092.jpg



------------------
c0000507_7212536.jpg
↑パンツァーヤッケの服装こそ知的であるのものの、ヘッドがややマッチョ過ぎる印象。
ここはシュッとしたお顔立ちのヘッドを移植して、よりクールにしてあげたいところ。
c0000507_7213027.jpg
↑ここ数年間のインジェクションフィギュアのヘッドのうち、最も聡明そうなお顔立ちの人物は誰であったか、と考えたときに、
真っ先に私の頭に浮かんだのは、Dragon 6563-Bのヘッドでした。彼に将校帽をかぶっていただいて、移植を試みました。
c0000507_7213522.jpg
c0000507_7214045.jpg


------------------

Tamiya 35286-Aは、一枚340円(税別)

c0000507_2402372.jpg
c0000507_2402878.jpg
c0000507_2403268.jpg
c0000507_2403879.jpg
c0000507_2404413.jpg
c0000507_2404916.jpg
c0000507_2405421.jpg
c0000507_241010.jpg
c0000507_241583.jpg
c0000507_2411166.jpg
c0000507_2411756.jpg
c0000507_2412341.jpg
c0000507_2412871.jpg
c0000507_2413434.jpg
c0000507_2413984.jpg
c0000507_2414439.jpg
c0000507_2414958.jpg
c0000507_2415413.jpg
c0000507_2415965.jpg
c0000507_242612.jpg
c0000507_2421224.jpg
c0000507_2422194.jpg
c0000507_2422988.jpg
c0000507_2423677.jpg
c0000507_2424339.jpg

by tokyomonogatari | 2011-11-17 07:21 | Germany | Comments(2)
Commented at 2011-11-17 17:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tokyomonogatari at 2011-11-18 01:25
ありがとうございます、すっかり忘れていました。
35115-Cを記事中に追加いたしました。
<< Tamiya 35169-D ... Tamiya 89612 [ア... >>