Tamiya 35323-C [M51スーパーシャーマンのイスラエル軍戦車兵]

Tamiya 35323-C, Israeli Tank Crew

Tamiya MM史において初めてイスラエル兵にシャウトヘッドと、インデックスポオズが与えられたこのフィギュアを見て思い出すのは、45年前の事例である。
無論、その事例とは、インデックスポオズが与えられたM8グレイハウンドのアメリカ兵半身像(1966)なのであるけれど、
見返してみるとグレイハウンドの彼は左手で、そして35323-Cの彼は右手でインデックスしているのであった。

イスラエルの彼が右手でインデックスしているのは、左側に戦友を侍らせるその立ち位置によるものだろうけれども、
はて、45年前のアメリカの彼は、その左手による指差しのポオズを誰に捧げていたのであろうか。

c0000507_2111651.jpg
c0000507_2112386.jpg
c0000507_2112887.jpg
c0000507_2113423.jpg
c0000507_2113982.jpg
c0000507_211451.jpg
c0000507_2115193.jpg
c0000507_2115624.jpg
c0000507_21214.jpg

by tokyomonogatari | 2011-12-20 02:12 | Israel | Comments(2)
Commented by モリナガ at 2011-12-21 00:19 x
イスラエルに戻り、グレイハウンドの人形ポーズに戻る、大きな物語の円環が閉じたかのようです。しかしどういうシチュエーションなんでしょう。行方不明の仲間がいたんでしょうか
Commented by tokyomonogatari at 2011-12-22 01:42
「アドルフに告ぐ」を思い起こさせる物語が45年の歳月をかけて明らかに大団円ではない形で閉じた、という感じがいたします。
<< Tamiya 61048=61... Bego B-35-001-E... >>