Tamiya 35162-B [マルダー1A2のドイツ連邦軍AFVクルー]

c0000507_3271870.jpg
↑Tamiya社MMシリーズのシャウトヘッドの中で、その口の開き方に愛らしさが溢れているのが35162-B(1993.2)なのです。
彼の上下方向に開かれた口は、餌をねだる小鳥を思わせるキュートさを湛えております。
c0000507_3371047.jpg
↑Tamiya社シャウトヘッドで、その口の造形が最も高みに到達して冴えまくっている存在は、35135-E(1987.7)、通称"ほむほむのE"の彼だと私は思います。
"ほむほむのE"は、価格も441円と控えめで、フィギュアモデラー必携の一枚と申せましょう。

----------------------------------------------------
c0000507_3471034.jpg
↑Tamiya 35162-Bに35242=35271-Bヘッドを移植し、数年前に製作したもの。
c0000507_3471911.jpg
↑マルダー1A2の砲塔ヴィネットを製作していたものの、数年間滞っております。






--------------------------
(マルダー砲塔ヴィネットの製作まとめ)
c0000507_4372746.jpg
↑おおまかに組む。
c0000507_4372136.jpg
↑それなりの台座を用意する。
c0000507_4371731.jpg
↑フィギュアをこしらえる。
c0000507_4371194.jpg
↑対戦車ミサイルとの位置を調整。
c0000507_437144.jpg
↑銅線でリングを作る。まず金属線に巻く。
c0000507_4365780.jpg
↑内側にナイフを入れて切り、整えてリングを得る。
c0000507_4365023.jpg
↑リングを接着。
c0000507_4364672.jpg
↑小さいチェーンを作る。銅線を二本拠り合わせる。
c0000507_4364063.jpg
↑ペンチでつぶす。
c0000507_4363635.jpg
↑チェーンを接着。
c0000507_4363244.jpg
↑このあたりで製作が止まる。
c0000507_4362413.jpg
↑「メッシュリングがただのプラスチックの筒問題」をどう解決しようか悩んでいましたが、
エッチングメッシュを普通に巻けばそれらしく作れることが判明。
















----------------------------------------------------

Tamiya 35162-Bは、一枚546円。

c0000507_327324.jpg
c0000507_3271178.jpg
c0000507_327376.jpg
c0000507_3265698.jpg
c0000507_3265026.jpg
c0000507_3264582.jpg
c0000507_326382.jpg
c0000507_3263037.jpg
c0000507_3262382.jpg
c0000507_3261893.jpg
c0000507_3261383.jpg
c0000507_3261057.jpg
c0000507_3266100.jpg

by tokyomonogatari | 2012-02-29 03:31 | Germany | Comments(0)
<< djiti's Pro... Zvezda 3639 [ソヴ... >>