Tamiya 35324-F [T-55エニグマのイラク軍戦車兵]

ここ数年間のタミヤ社フィギュアにおいて、その造形が最も高みに到達しているのは、
MM史上初の中東系フィギュアでもある35324-F(2012.2)だと思います。

c0000507_23523911.jpg
c0000507_23523159.jpg
c0000507_23522441.jpg
c0000507_23521784.jpg
c0000507_235293.jpg
c0000507_2352142.jpg
c0000507_23515274.jpg
c0000507_2351344.jpg

インジェクションフィギュア史上、おそらくはもっとも緻密に彫刻されたヒゲ*とヘッドの造形の冴え、
ズボンのお尻周辺の造形がキュートにまとまっているこの心地よさ、
そして他国のフィギュアへと改造し得る可能性が寛容に開かれているシャツにストレートズボンの身なりと、
彼はフィギュアモデラー必携の像容に仕上がっていると思います。

彼と並んで造形が冴えている現用フィギュアとして、ルクレールの戦車兵=35279-Bを挙げてよいとも思うのですが、
服に刻まれたシワの造形の美しさと、やはり服装の汎用性で、イラク軍戦車兵の彼の方に分があるか、と見ております。

--------------------------------------------
(註)
*タミヤ社1/35フィギュアのヒゲ史については、2012.2.13記事を参照。
--------------------------------------------

Tamiya 35324-Fは、一枚735円。

c0000507_2593762.jpg
c0000507_2593036.jpg
c0000507_2592413.jpg
c0000507_2591870.jpg
c0000507_2591298.jpg
c0000507_259750.jpg
↑お尻周辺の造形**に、近年稀に見る美しさを感じました。

---------------------------------------------
(註)
**1/35MMフィギュア史上、そのお尻の造形が最も印象的であったのは、35077-C(1976.1)=ブルムベア兄さんである。
前傾したブルムベア兄さん以上に、ボリュームのあるお尻はMM44年の歴史において存在しない。
---------------------------------------------

c0000507_259215.jpg
c0000507_2585772.jpg
c0000507_2585153.jpg



-----------------------------------

グレー成型、テストショット版
c0000507_1359479.jpg
c0000507_13594213.jpg
c0000507_13593622.jpg
c0000507_13593056.jpg
c0000507_13592548.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-02 03:00 | others | Comments(0)
<< Mini Art 35093 ... Tamiya 35322-J ... >>