Tamiya 35151-D [グランドスツーカ兄さん]

Tamiya 35151-D(1991.9)=「グランドスツーカ兄さん」の枠を短くし、腕の選択肢の幅を狭めたのが、35155(1992.4)=「ホイレンデ・クー兄さん」である。

c0000507_2184249.jpg
c0000507_2183712.jpg
c0000507_2183377.jpg
c0000507_2182971.jpg
c0000507_2182410.jpg
c0000507_2182029.jpg
c0000507_2181672.jpg
c0000507_218992.jpg
c0000507_218585.jpg
c0000507_218152.jpg
c0000507_2175667.jpg
c0000507_2175175.jpg
c0000507_2174638.jpg
c0000507_2174124.jpg
c0000507_2173740.jpg
c0000507_2173258.jpg
c0000507_2172848.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-03 02:19 | Germany | Comments(2)
Commented by かば◎ at 2012-03-05 20:18 x
ミケランジェロの最後の審判からのカットかと思いましたよ……。

それにしても、タミヤのフィギュアの中で、これだけ極端な表情なものも珍しいのではないですか?
Commented by tokyomonogatari at 2012-03-05 22:31
タミヤ社のフィギュア史で、最も苦い表情なのが明らかに彼らだと思います。
逆に口角がキュッと上がった愛らしい笑顔の傑作が、2.5トンカーゴトラックのアメリカ軍ドライバーだと思います。

"ミケランジェロ"な彼らを用いた作品としては、
Japan Militaire Forumにアップされている、くろもり氏の傑作が印象的です。
<< Tamiya 35055-Z ... 1/35 M4戦車系列メモ(書... >>