Dragon 6097 [白色カモフラージュ服を着たドイツ兵と8.8cmロケット砲プップヒェン]

Dragon 6097を用いた作例の中で最高のものが、 Fraser Grey氏によるヴィネットだと思います。
(Fraser Grey, "A DIorama for Dolly" Military Modelling Vol.33 No.6 2003 , P.21-25)

------------------------------

Dragon社の小型車輌/砲に付属しているフィギュアは、造形の冴えたものがずらりと揃っていて、
とりわけ防寒服を着たドイツ兵の造形ぶりは全て良いと断言してよく、6056=ゲルリッヒ砲のペアに3人が追加された、
6118=5 cm PAK 38の防寒服の5人*が私見ではDragon社防寒服群像*史上最高傑作だと思うのですけれど、
6097のゆったりとした白色カモフラージュ服を着た兵士たちも服装的に貴重で、ありがたい存在なのです。

-------------------------------
(註)
*防寒服を着た非群像=個人の最高傑作は、Dragon 6144-Dであると思う。
-------------------------------

Dragon 6097-Figure を組む過程。

c0000507_23445853.jpg
↑パーツを眺める。
c0000507_23452579.jpg
↑双眼鏡の彼をまず組むことにする。ニッパーでゲートカット。

c0000507_23453396.jpg
↑デザインナイフでゲート処理。

c0000507_2346445.jpg
↑下半身を流し込み接着剤で組む。
 この段階ではまだパーティングラインの処理をしていない。

c0000507_2346129.jpg
↑上半身の襟口を開口。
 この段階ではパーティングラインの処理をしていない。

c0000507_23462228.jpg
↑腕パーツは指の形状が不明瞭である。

c0000507_23463713.jpg
↑指の間を切り離して整形、パーティングラインの処理をする。

c0000507_23464546.jpg
↑上半身、下半身のパーツのパーティングラインの処理。

c0000507_23465816.jpg
↑流し込み接着剤でパーツを組む。

c0000507_234765.jpg
↑角度の調整。

c0000507_23471577.jpg
↑Hornetの防寒帽ヘッドを挿し込む。
 双眼鏡で覗く角度がやや俯角気味なので、手首を調整するか、地面に勾配をつけるかしなければならない。
 上述のMilitary Modelling誌でFraser Grey氏は、双眼鏡を覗かせないことで俯角問題を回避しています。

c0000507_126394.jpg
↑他のふたりも組んで、袖口をピンバイスとデザインナイフで彫りくぼめて、
Hornet社のスペアヘッドを繋げてバランスを確認。

-------------------------------------------------------------------------------
Dragon 6097, 8.8cm Raketenwerfer 43 'Puppchen'
w/Crew

c0000507_0434313.jpg


c0000507_236486.jpg
c0000507_236442.jpg
c0000507_2364072.jpg
c0000507_2363642.jpg
c0000507_2363124.jpg
c0000507_2362493.jpg
c0000507_2361826.jpg
c0000507_2361226.jpg
c0000507_236734.jpg
c0000507_23607.jpg
c0000507_2355436.jpg
c0000507_2354993.jpg
c0000507_2354457.jpg
c0000507_2353942.jpg
c0000507_2353589.jpg
c0000507_235317.jpg
c0000507_2352835.jpg
c0000507_2352479.jpg
c0000507_2352023.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-04 02:36 | Germany | Comments(0)
<< Trumpeter 00318... Tamiya 35055-Z ... >>