Dragon 6190 [1941年モスクワ、コート姿のドイツ兵]

Dragon 6190, Frozen Battleground (Moscow 1941)

Dragon 6190は、インジェクションフィギュアのコートを着た兵士群像史上、他を百歩以上差し置いて最高の傑作です。
プレ戦闘的なポオズのインジェクションフィギュアとして、まずこれを手元に置いておけば間違いのない必携のキットだと思います。

c0000507_6231689.jpg
c0000507_6231152.jpg
c0000507_623697.jpg
c0000507_6225966.jpg
c0000507_622541.jpg
c0000507_622485.jpg
c0000507_6224251.jpg
c0000507_6223772.jpg
c0000507_6222794.jpg
c0000507_6222248.jpg
c0000507_6221571.jpg
c0000507_6221274.jpg
c0000507_622822.jpg
c0000507_622470.jpg
c0000507_622042.jpg
c0000507_6215612.jpg


-------------------

コートに裂け目を作る。

c0000507_045688.jpg
↑裾の辺りに裂け目を作りたい。
c0000507_045040.jpg
↑まずドリルとデザインナイフで穴を開ける。
c0000507_044553.jpg
↑エポキシパテを埋める。
c0000507_044509.jpg
↑裂け目を造形する。

-----------------
c0000507_0444416.jpg
↑雑嚢のDリングに水筒や飯盒を掛ける場合、雑嚢をエポキシパテで柔らかく作り直してフィットさせるのが結局は楽である。
c0000507_0443839.jpg

----------------------------------------

Dragon 6190のボディパーツ。
c0000507_610046.jpg
c0000507_695480.jpg
c0000507_694823.jpg
c0000507_694028.jpg
c0000507_693465.jpg
c0000507_692972.jpg
c0000507_692295.jpg
c0000507_69139.jpg
c0000507_69722.jpg
c0000507_68433.jpg
c0000507_683732.jpg
c0000507_683193.jpg
c0000507_682663.jpg


----------------------------------

Dragon 6017のボディとのサイズ比較。
c0000507_68203.jpg
c0000507_681529.jpg
c0000507_681026.jpg
c0000507_68594.jpg
c0000507_675814.jpg
c0000507_675136.jpg


----------------------------------

c0000507_67467.jpg
↑ズボンの縫い目はAとBでは外側、内側の両方に入り、Cでは内側だけに入っていますが、
Dの下半身には外側、内側ともに入っていません。
それを彫る工具として、一番簡単なのが三角刀だと思います。
まず、鉛筆でアタリを。
c0000507_674242.jpg
↑彫ったもの。

----------------------------------

c0000507_6594064.jpg
c0000507_6593674.jpg
c0000507_6593260.jpg
c0000507_6592832.jpg
c0000507_6592466.jpg
c0000507_6591814.jpg
c0000507_6591172.jpg
c0000507_659412.jpg
c0000507_6585733.jpg
c0000507_6585018.jpg
c0000507_65843100.jpg
c0000507_6583792.jpg
c0000507_6583026.jpg
c0000507_6582143.jpg
c0000507_6581554.jpg
c0000507_658921.jpg
c0000507_658151.jpg
c0000507_657538.jpg
c0000507_6574485.jpg
c0000507_6573912.jpg
c0000507_6573278.jpg
c0000507_6572740.jpg
c0000507_6572181.jpg
c0000507_6571519.jpg
c0000507_657984.jpg
c0000507_657395.jpg
c0000507_6565713.jpg
c0000507_6565450.jpg
c0000507_6564944.jpg
c0000507_6564681.jpg
c0000507_656422.jpg
c0000507_6563826.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-10 06:24 | Germany | Comments(4)
Commented by halfasleep at 2012-03-10 23:36 x
私はGI専門なのですが、、、
コートといえば、プレ戦闘的ポーズで”アメリカM4Aシャーマン105mm榴弾砲搭載型(突撃支援)”の先頭 、
戦闘中で”アメリカ M4A3 シャーマン 75mm砲搭載・後期型(前線突破)”の先頭、がお気に入りなのですが、他におすすめはありますか?
Commented by tokyomonogatari at 2012-03-11 20:30
たぶん、ご質問に横からレスしたくてうずうずしていた方もいらっしゃったことだろうと思われますし、
その人たちの頭に浮かんだ回答は一致していただろうと想像されます。

その回答は、「Draon 6163一択」だと思います。
第二次大戦期のウールオーバーコートを着たアメリカ軍兵士のインジェクションフィギュアは、
Tamiya 35250-V&Zと35251-W&Zか、Dragon 6163以外にないという状況です。

Dragon 6163を用いた模型史上最高傑作はギュンター・シュテルンベルク氏のあの作品、というのも、一致することだろうと思います。
Commented by halfasleep at 2012-03-12 19:04 x
このBLogにも登場してましたね。見落としてました。
後傾がいいですねぇ。もう私もそうしちゃうと思います。
Commented by tokyomonogatari at 2012-03-13 11:26
公開・非公開合わせて2159記事ありますので、見落とされないように整理しておきたいところです。
<< 1/35 双眼鏡と双眼鏡ケース Master Box 3591... >>