Master Box 35103 [1941-1942年、コートを着たドイツ兵]

現状、最も面白いテーマをインジェクションフィギュアの身体に刻んでいるのは無論Master Box社である。
しかし、Master Box社は、自らがここまで模型シーンに好意的に受け容れられるとは当初は予想していなかったのではないか、
と、そのアイテム番号の振り方から想像されもするのである。

ここで各社の1/35ミリタリーキットのアイテム番号の振り方を少しだけ振り返っておくと、
Tamiya社のMMシリーズの場合、当初は001と三桁で振られ、途中から35○○と振る四桁に移行、
100を越えてからは、36○○と、百の位をひとつ上げることによって対応していたのを改めて、
35○○○の五桁体制に移行した。

Dragon社の場合、基本的には時代を頭二桁ないし頭一桁で分類して「門」を設け、
後の三桁ないしは二桁を(販売順序は数字を豪快に飛び越えて前後することが多々あるが)順次振る四桁体制を採っている。

Tristar社の場合、現行のタミヤ的な振り方、つまりは助記的にスケールの分母を頭におき、アイテム番号を付す方式、
35○○○というあり方である。

さて、Master Box社であるが、四桁で35○○と振っていたものが、いよいよ100を越えた。
その際に、36○○に繰り上げずに、35○○○の五桁体制が導入されたのである。今後、3599以前のアイテム番号を、
35099などとして、五桁に再編成するのか否か、(そして箱の印刷を改めるのか)が気になるところなのであるが、
ここで注目しておきたいのはそこではなく、スケールの分母で「門」を構成した場合、四桁では99までしか対応出来ない事は自明のことであるのに、
それを敢えて導入するという行為に切なくも暗示されているように感ぜられる、消極的な未来展望を描かせてしまう模型シーンの哀しさなのである。

-----------------------------------------

Master Box 35103, Cold Wind, German Infantry 1941-1942

明らかに買いです。「コートを着て歩くドイツ兵」が、五人のうち四人を占めるなんて、これ以上に素敵なことはありません。

Dragon 6098-A, 6116-Dはコートを着て歩くというよりも、その歩みを止める最後の一歩を踏みこんでいる感が脚の運びに感ぜられ、
6115-Cには歩くことの持続が感ぜられるものの、裾の翻り具合の違和感を拭えず、作り直したくなり
6158-Aも少し上半身の背筋が伸びすぎている印象で、
6119-Dは、歩く、というよりも、大きな一歩を踏み込んでいます。
Tamiya社の1/35MMシリーズでは、非戦闘的な歩くポーズのコートを着たドイツ兵は、35016(1972.6)まで40年遡らなければ存在せず、
Master Box 3538=3553は、脚の運びは良いものの、背筋が伸びておりもう少し前傾して欲しい印象です。
つまりは、インジェクションフィギュアにおいて、1/35のコートを着てすたすたと歩くドイツ兵の決定打は不在であった、と私は思います。

そこに登場したMaster Box 35103は、五人のうち四人が歩きポーズで、
彼らの脚の運びぶりを見れば歩くことを持続する意思が軽やかに伝わってくる秀逸な造形ぶりで、
これは嬉しいフィギュアなのです。

c0000507_2564199.jpg
c0000507_2563552.jpg
c0000507_2563093.jpg
c0000507_2562635.jpg
c0000507_2562167.jpg
c0000507_2561631.jpg
c0000507_2561116.jpg
c0000507_256785.jpg
c0000507_25635.jpg
c0000507_2555972.jpg
c0000507_2555488.jpg
c0000507_2554944.jpg
c0000507_2554515.jpg
c0000507_2554130.jpg
c0000507_2553511.jpg
c0000507_2553179.jpg
c0000507_2552644.jpg
c0000507_2552238.jpg
c0000507_2551833.jpg
c0000507_2551232.jpg
c0000507_255717.jpg
c0000507_255387.jpg
c0000507_2545825.jpg
c0000507_2545499.jpg
c0000507_2544984.jpg
c0000507_2544551.jpg
c0000507_2544196.jpg
c0000507_2543636.jpg
c0000507_2543230.jpg
c0000507_2542846.jpg
c0000507_254235.jpg


c0000507_254464.jpg
c0000507_25404.jpg
c0000507_2535564.jpg
c0000507_253501.jpg
c0000507_2534586.jpg
c0000507_2534075.jpg
c0000507_2533668.jpg
c0000507_253312.jpg
c0000507_2532552.jpg
c0000507_2532068.jpg
c0000507_2531664.jpg
c0000507_2531122.jpg
c0000507_253763.jpg
c0000507_253253.jpg
c0000507_2525897.jpg
c0000507_2525440.jpg
c0000507_2525188.jpg
c0000507_2524622.jpg
c0000507_2524025.jpg
c0000507_2523670.jpg
c0000507_2523176.jpg
c0000507_2522796.jpg
c0000507_2522315.jpg
c0000507_2521744.jpg
c0000507_2521283.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-30 02:57 | Germany | Comments(0)
<< Aoshima G-6-102... Dragon 6137 [キュ... >>