模型慕情筆者

c0000507_4432819.jpg


・1984年 千葉県生まれ。静岡県在住。ミリタリーフィギュアを品番で呼ぶこだわりのあるキモオタ。

・人生で最も影響を受けた模型店は、「ライトモケイ」と「ハチピー」と「わらそう」と「ヤマモト模型」
 愛用しているエアーブラシは「ライトモケイ」で購入したタミヤのスーパーファイン0.2mm
 コンプレッサーは「わらそう」で購入したタミヤのレボ。
 愛用の筆は「ハチピー」で初めて購入した「BUNSEIDO ハイセーブル5/0」
 好きな模型のラッピングは「ヤマモト模型」式の紙巻きスタイル。

 ユザワヤ津田沼店の模型コーナーの最盛期が中学時代と重なる。
 中学、高校の通学路にあった「サンコー模型店」、ひと駅向こうの「ハッピー」
 京成津田沼の「フェニックス」、北習志野駅から歩いて行った「ポッポ」、
 幕張の「オデッセイ」で放課後を過ごす青春の日々。

 松戸の「わらそう」の厚手のビニール袋を部屋にためこむ思春期を過ごすも、
 高校時代に「わらそう」が閉店、強烈なショックを受ける。
 「サンコー模型店」も高校時代に閉店。「フェニックス」も「ポッポ」も後に閉店。
 ユザワヤ津田沼店の模型コーナーは縮小。

 模型店的環境に恵まれた10代を過ごすことがなければ、
 「模型慕情」を書くことはなかったと思う。

 ・初めて購入した模型キットは、タミヤの「つなわたり人形セット」
 初めて購入したモーターは、マブチモーターのRE-140。
 初めて購入したスケールモデルは、タミヤの「1/48零戦三二型」
 初めて購入したミリタリーフィギュアは、Tamiya 35192=「アメリカ歩兵攻撃セット」
 初めて購入した模型雑誌は、モデルグラフィックス1999年9月号
 初めて参加した模型展示会は、慶應義塾大学三田祭2004での慶応模型研究会の展示。

 夢想する模型キットは、1/48九三式中間練習機の決定版と、予科練生フィギュアの決定版。
 1/35第二次大戦期南方における日本の宣伝班員及び日本映画社の撮影技師と従軍記者フィギュア。

・小中高とスクールカースト最下層を邁進。しょっぱい青春を謳歌。
 大学入学後、法律サークル緑法会に入るも、持ち前のコミュ障ぶりを遺憾なく全身全霊で発揮。
 大学生的身振りとノリを会得できずにそのサークルをドロップアウトした後、趣味に全振りし、
 2005-2008年、早稲田大学模型倶楽部(非公認模型サークル・部室なし)の幹事長。
 早稲田をはじめ、東京大学、東京外国語大学、東京海洋大学、法政大学、名古屋工業大学、上智大学の
 絶滅危惧種=スケール派学生モデラーが在籍する寄り合い所帯の様相を呈しながらゼロ年代に細々と存続するも、
 幹事長がひとり待つ精神修行的行為、「一人新勧」には誰も来ず、「アタマ塗り会」の呼びかけにはサークル関係者以外誰も来ず。
 2009年に早稲田大学模型倶楽部は部員ゼロとなり消滅。

 夜の早稲田キャンパスで、シュークリームを戴きながら1/35の頭を塗り、
 上智大学の斜陽の射すキャンパスで、彫刻刀でひたすらに50ミクロン銅箔を打ち抜いて1/35葉を作った、
 切なく、美しく、みじめな日々は、私の財産です。

 学生時代の研究テーマは「日本軍占領下南方における映画政策」

・連絡先 ブログ右欄「メールフォーム」を御利用下さい。
by tokyomonogatari | 2012-03-25 23:47 | 著者情報 | Comments(0)
<< Armour Modellin... 小道具記事索引 >>