T-26軽戦車メモ(書き途中)

T-26軽戦車の文献資料

Steve Zaloga "The Soviet T-26 in the Spanish Civil War" (Military Modelling Vol.28 No.18 1998) P.18-25
→Italeri=ZvezdaのT-26をスペイン内戦時の1937年型として作成する記事。
 同キットの問題点などが指摘されており、必読。

Miroslav Baric, Mike Collins "T-26 Variants In Detail" (Wings & Wheels Publications, 2013)
→T-26軽戦車の写真集

グランドパワー2014年6月号(No.241)
→特集「ソ連軍T-26軽戦車」

Steven J. Zaloga "T-26 LIGHT TANK, Backbone of the Red Army" (Osprey Publishing, 2015)

----------------------------------------------------------------------------------------

T-26の製造年による形式分類は後世の戦車研究家によるもので、
当時は「双砲塔」と「単砲塔」の形式分類のみであった*。

無線機を装備している車輛をRadiyniy Tank=Radio Tanks=「無線型」と呼称し、
無線機を装備していない車輛をLineyniy Tank=Line Tanks=「前線型」と呼称する**。

製造年による形式分類

1931年型 
→双砲塔搭載型 Twin Turret

-------------------------------------------------------------------------

1933年型 
→45mm馬蹄形単砲塔 45mm Cylindrical Single Turret

T-26 1933年型は、71-TK-1無線機を搭載した、T-26RT 1933年型=T-26TU 1933年型が平行して生産された。

(1)砲塔部分

当初は溶接タイプの防盾カバーであったが、1935年ごろからはプレスタイプの防盾カバーとなった。
砲身の俯仰角度は-8度から+25度。
搭載された戦車砲は当初は45mm戦車砲M1932であったが、1935年***からは45mm戦車砲M1932/34が装備された。
1935年に砲塔の製造に電気溶接が全面的に導入された

砲塔後部のピストルポートも廃止され、球形銃架が装備される。
砲塔上面のハッチも最終生産型では角形から円形ハッチに変更された。。****

(2)車体部分

1934年にリーフスプリングの厚みが5.5mmから6mmとなる。
1935年に車体の製造に電気溶接が全面的に導入された。


-------------------------------------------------------------------------

1935年型


-------------------------------------------------------------------------

1937年型
→Steve Zalogaによる分類。
ZalogaがMilitary Modelling Vol.28 No.18 1998で作例にした形式。
新型の戦車長ハッチに機関銃のリングマウントが装着されているタイプ。

--------------------------------------------------------------------------
1938年型
→45mm円錐形単砲塔・鉢巻アンテナ付き 45mm Conical Single Turret (with antenna)


(1)砲塔部分

72度に傾斜した円錐形砲塔。
溶接タイプの防盾カバーと、プレスタイプの防盾カバー(stamped mantlet cover)が存在。
1938年に製造されたT-26は全てが無線型=鉢巻アンテナ装備であった。

-------------------------------------------------------------------------

1939年型
→45mm円錐形単砲塔 45mm Conical Single Turret

(1)砲塔部分

鉢巻アンテナからロッドアンテナに変更。

(2)車体部分

転輪ゴムフチの固定が着脱可能なボルト式になった。

================================================
(註)
*Steven J. Zaloga "T-26 LIGHT TANK, Backbone of the Red Army" (Osprey Publishing, 2015) P.12
**Steven J. Zaloga "T-26 LIGHT TANK, Backbone of the Red Army" (Osprey Publishing, 2015) P.13
***斎木, P.56
 『グランドパワー2011年12月号別冊』P.34でも、1935年に溶接接合が導入されたとしている。。
 ただし、Zaloga(2015) P.12では1933年12月から製造開始とある。
****『グランドパワー2011年12月号別冊』P.34
================================================

T-26の現存車輛

現存するT-26の一覧については、
http://the.shadock.free.fr/Surviving_T26.pdfを参照。

=====================================================


T-26の模型キットについて

Steve Zalogaによれば、Italeri=ZvezdaのT-26は仕様がごちゃ混ぜになったキットである。
砲塔は1933年から1935年にかけての初期BT-5と同様の砲塔であり、砲基部カバーは初期の溶接タイプ。
車体は1935-1937年の装備品収納箱が付いた仕様で、
ラジエーターは火炎瓶に対抗するために改善された1937年以降の仕様が混合している。

ZalogaはMilitary Modelling Vol.28 No.18 1998でこの点を指摘し、スペイン内戦に投入された1937年型と彼が呼称する仕様で作例を製作している。
Zalogaによれば、T-26の1937年型とは戦車長のハッチが新型となり、機関銃のリングマウントが装着された形式である。
by tokyomonogatari | 2012-03-02 01:34 | ソヴィエト軍史料メモ | Comments(0)
<< Tamiya 35010=35... Trumpeter 00413... >>