ヴィネットベースの木部工作事例集

(1)紫檀ブロックの柿渋仕上げ

c0000507_3155435.jpg
↑カミオネッタ・AS42・サハリアーナの床をベースに余すところなくキッチリ乗せたい。
空研ぎペーパーで、ざっと研磨して端を合わせる。
c0000507_316112.jpg
↑1.2mmプラバンにスプレーのりで耐水ペーパーを貼って削る。仕上げは240番。
c0000507_316996.jpg
↑木部の下地完成。
c0000507_316168.jpg
↑マスキングして、床の部分にサーフェイサーを吹く。
c0000507_3162333.jpg
↑紫檀ブロック。生の状態。
c0000507_3163196.jpg
↑柿渋を塗る。

c0000507_1223264.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------

(2)黒檀ブロックの油彩・家具用ワックス仕上げ

c0000507_1581276.jpg
↑東急ハンズで購入した40mm角コクタンブロック。
上下切り口に貼られているフィルムは、どうも慎重にはがしてもノリが若干残ります。
c0000507_1581865.jpg
↑今回も、ノリが残りました。
c0000507_1582345.jpg
↑耐水ペーパーで水研ぎして、一晩乾燥させる。
c0000507_1582731.jpg
↑ぺトロールで希釈した油彩、セピア+バーントアンバーを塗って染み込ませる。
c0000507_1583275.jpg
↑1/12胸像とコクタンサイコロ。
c0000507_1583673.jpg
↑1/12ディフォルメ日本兵とコクタンサイコロ。
c0000507_1584198.jpg
↑1/35フィギュアとコクタンサイコロ。
c0000507_1584545.jpg
↑1/35ヴィネットとコクタンサイコロ。
c0000507_192249.jpg
↑コクタンブロックに油彩を数回染み込ませたものの、もうちょっと色を渋くしたいので、更に染み込ませたい。
c0000507_19221453.jpg
↑セピアをペトロールで溶いて染み込ませる。
c0000507_19223048.jpg
↑乾燥後、表面に浮いた黒色粉を拭きとる。
c0000507_19224065.jpg
↑家具用ワックス塗り込み。
c0000507_1923593.jpg
c0000507_19231685.jpg
↑左ワックスなし、右ワックスあり。
c0000507_19233115.jpg
↑両方ともワックス塗り済み。
ニスやオイルステインだと、ムクの木材でも部分部分で色が乗らない事があることしばしばですが、
コクタンブロック+油彩+家具ワックス法は、もともと黒いので暗色を染み込ませれば、
塗りムラ出さずに木目いかしつつ、ニスよりもしっとり渋く仕上げられる点で、私見ベターです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

(3)サイコロ材+飾り台のニススプレー仕上げ

c0000507_1953681.jpg
↑数日間置いて、ニススプレーの中身を五層筆塗りしたもの。今回は更にもう一層重ねて仕上げたい。
c0000507_19531181.jpg
↑2日以上経過、塗ったのを忘れ始めたあたりが筆塗りしたニスの重ね頃ではないかと思う。
緩く湿らせた耐水ペーパー1500番で塗膜を磨く。
c0000507_1953166.jpg
↑ニススプレーの中身を筆塗り。
c0000507_1953219.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------------

(4)チークサイコロ材のニス筆塗り仕上げ

チーク材にワシン・油性ニスのチークを塗り重ねて仕上げる。

c0000507_0382134.jpg
↑240番の耐水ペーパーで塗装前の研磨。

c0000507_038874.jpg
↑ニス塗り一層目。

c0000507_0375655.jpg
↑240番の耐水ペーパーで塗装面を研磨して二層目の塗装に備える。

c0000507_22242264.jpg
↑ニス塗り二層目。

c0000507_22243651.jpg
↑600番の耐水ペーパーで塗装面を研磨して三層目の塗装に備える。

c0000507_2230055.jpg
↑ニス塗りを重ねたもの。

----------------------------------------------------------------------------------------------

(5)アガチス飾り台+ヒノキ材での立ち上げのニススプレー仕上げ

c0000507_1330243.jpg
↑小サイズの飾り台。

左から、
・Andrea Miniatures 上面46×46 下面61×61
・カワイ木工 50×50、 60×60
・常木教材 46×46、 60×60
・常木教材 37×37、 60×60

c0000507_1330660.jpg
↑立ち上げ。ヒノキ材を各辺の長さに合わせて切り出す。
c0000507_13301027.jpg
↑立ち上げ角材の角を鋭角に落として、木工用ボンドで接着。
角は瞬間接着剤を少量流して固めて、やすりで整える。
c0000507_1814321.jpg
↑アサヒペン社の「ライトオーク」と「マホガニー」を吹いたもの。

--------------------------------------------------------------------------------------------

(6)チーク飾り台+チーク板材での立ち上げ

カワイ木工のチーク飾り台を立ち上げる。
c0000507_2139859.jpg
↑立ち上げ材もチーク材。3ミリ厚、15×900ミリで105円。東急ハンズで購入。
厚みがあるほうが、垂直に立ち上げる精度が増すとは思われますが、後の「角の切り落とし」に難アリ。
c0000507_21391358.jpg
↑デザインナイフで角を鋭角に切り落とす。
c0000507_21391735.jpg
↑各辺接着の後、角の合わせ部分に裏から瞬間接着剤を流して、キッチリ合わせ、ヤスリ掛けする。
by tokyomonogatari | 2012-02-04 10:38 | 地面造形 Groundwork | Comments(0)
<< 1/35 ドイツ軍ヘルメットの... Tamiya 35044=35... >>