Tamiya 35214 [ソビエト戦車兵小休止セット]

Tamiya 35214で何にも増して心を揺さぶられるのは、ガッカリ姉ちゃんのそのガッカリさ、ではなく、
寧ろcの座り方に感ぜられる男子高校生的な青春の輝き、だと私は見ております。
c0000507_22423119.jpg
↑d=「ガッカリ姉ちゃん」に惑わされることなく、cの像容のクールネスを感受すること、
それがTamiya 35214の鑑賞において肝要であると私は思います。
c0000507_22422584.jpg
c0000507_22422135.jpg
c0000507_22421789.jpg
c0000507_22421254.jpg
c0000507_2242874.jpg


---------------

Tamiya 35214-c
c0000507_0432298.jpg

c0000507_0433085.jpg

c0000507_0433760.jpg

c0000507_0434970.jpg

c0000507_045326.jpg

c0000507_046648.jpg

c0000507_0461659.jpg

c0000507_0462510.jpg

c0000507_0463825.jpg

c0000507_0465121.jpg

c0000507_0471082.jpg

c0000507_0472455.jpg




---------------------------------------------------------

Tamiya 35214, Russian Army Tank Crew at Rest

タミヤ社1/35ミリタリーミニチュアのフィギュア史上唯一の女性兵士が存在しているのがこのキットなのですが、
瑞々しく麗しい女性描かれた箱絵とのギャップに萎えた人もまた多数なのです*。

--------------------------------------------
(註)
*例えば、モリナガ・ヨウ氏はこの女性像を「ガッカリ姉ちゃん」と呼んでいる。
(『アーマーモデリング』2010.8(Vol.120) P.6)

箱絵での女性戦車兵の描写と実際のヘッドの造形を眺めておこう。
c0000507_059150.jpg
c0000507_0591657.jpg
c0000507_0591198.jpg
c0000507_059774.jpg


モリナガ・ヨウ氏が彼女を「ガッカリ姉ちゃん」と呼ぶまでには助走とも呼ぶべき先行するテクストが存在している点を確認しておきたい。
Armour Modelling Vol.9では「箱絵とのギャップが.....→がっかり 「女性にユメもっちゃダメよ!」 タミヤのソ連戦車兵。トホホ」
Model Graphix (1999.4)では、吉祥寺怪人氏の問いかけに対して、「ガッカリ、ですか.....ロシア戦車兵の姉ちゃん?」とある。
このように、「がっかり/ガッカリ」した事例として、90年代に二度例示するという周到な準備の上で、2010年に再帰的に、
「そして有名なガッカリ姉ちゃんです」と、しかも、彼女自身のセリフとして吹き出しに書き込んでみせた大胆さと痛快さにこそ注目するべきなのである。

MMフィギュア史上唯一の女性としての稀少性、
周囲の男性兵士から注がれるまなざし、
コミュニティ=箱絵での理想化、美化と、実際の像容との乖離を見るにつけ、
彼女以上に「オタサーの姫」的存在に鎮座した1/35インジェクションフィギュアも存在しないという確信は深まる一方である。

---------------------------------------------

「ガッカリ姉ちゃん」 × ドイツ軍ジェリカン

c0000507_317721.jpg

c0000507_3171644.jpg


c0000507_317338.jpg


c0000507_3172777.jpg

c0000507_318920.jpg

c0000507_3174260.jpg


c0000507_3174754.jpg
c0000507_317529.jpg
c0000507_317579.jpg
c0000507_318266.jpg


----------------
「ガッカリ姉ちゃん」の首の角度を変える
c0000507_22415552.jpg

↑ガッカリ姉ちゃんの頭部は詰襟部分までが一体である。接着後しばらくの時間をおいてから詰襟と首の境界でカットする。
c0000507_2242221.jpg


----------------
Tristar 35012 平野義高氏原型ソヴィエト軍女性戦車兵ヘッドへの差し替え
c0000507_22451774.jpg

c0000507_2245401.jpg

c0000507_22455898.jpg

c0000507_22461377.jpg

c0000507_22463763.jpg

c0000507_22471196.jpg


----------------
Zvezda ソヴィエト軍女性衛生兵ヘッドへの差し替え
c0000507_22475593.jpg

c0000507_22482144.jpg


---------------------------------------------

Tamiya 35214-b

d=「ガッカリ姉ちゃん」のガッカリさは、男子高校生的な青春の輝きがその像容から発散されているc、及び、
b=「無帽寄りかかり脚クロスの君」で打ち消されるどころか、寧ろ満足感は正の値を示してとどまるところを知らぬ様相を呈しております。

c0000507_173319.jpg

c0000507_173406.jpg

c0000507_1734770.jpg

c0000507_1735560.jpg

c0000507_174594.jpg

c0000507_1741631.jpg

c0000507_1742528.jpg


---------------------------------------------

Tamiya 35214-a

c0000507_3501771.jpg

c0000507_3502466.jpg

c0000507_3503096.jpg

c0000507_3503627.jpg

c0000507_3504260.jpg

c0000507_3504943.jpg

c0000507_351685.jpg

c0000507_3511399.jpg

c0000507_351259.jpg

c0000507_3513436.jpg



---------------------------------------------

Tamiya 35214-f+a


半身像のfにaの下半身パーツをつなげたもの。
c0000507_2133302.jpg

c0000507_21333795.jpg

c0000507_21342119.jpg

c0000507_21343084.jpg




c0000507_21112258.jpg

c0000507_21112968.jpg

c0000507_21113544.jpg

c0000507_2111437.jpg

c0000507_21114994.jpg



c0000507_21344736.jpg

c0000507_21115672.jpg


---------------------------------------------

Tamiya 35214-e

e=「片脚上げ寄りかかりの彼」

c0000507_22243534.jpg

c0000507_22244272.jpg

c0000507_22244877.jpg

c0000507_22245571.jpg

c0000507_2225072.jpg

c0000507_2225836.jpg

c0000507_22251478.jpg

c0000507_22252077.jpg

c0000507_22252957.jpg


---------------------------------------------

Tamiya 35214-b+e

bの上半身をeの下半身につなげたもの

c0000507_22292473.jpg
c0000507_22293063.jpg
c0000507_22293679.jpg
c0000507_22294249.jpg
c0000507_22294895.jpg

c0000507_22295472.jpg


---------------------------------------------

c0000507_23455512.jpg



c0000507_3521235.jpg
↑MADE IN JAPAN版とMADE IN PHILIPPINES版。

c0000507_3521991.jpg



c0000507_23455147.jpg
↑二枚に分けられて箱に収められていますが、
このような配置でつながった状態で成形されたものが切り離されているものと推断されます。

c0000507_23454717.jpg
c0000507_23454291.jpg
c0000507_23453456.jpg
c0000507_23453094.jpg
c0000507_23452695.jpg
c0000507_23452195.jpg
c0000507_23451560.jpg
c0000507_23451010.jpg
c0000507_234568.jpg
c0000507_2345211.jpg
c0000507_23445767.jpg
c0000507_23445333.jpg
c0000507_23444880.jpg
c0000507_23444352.jpg
c0000507_2344389.jpg
c0000507_23443142.jpg
c0000507_23442630.jpg
c0000507_23442140.jpg
c0000507_23441555.jpg
c0000507_2344112.jpg
c0000507_2344420.jpg
c0000507_23435945.jpg
c0000507_23435568.jpg
c0000507_23435040.jpg
c0000507_23434697.jpg
c0000507_23434191.jpg
c0000507_23433629.jpg
c0000507_23433258.jpg

by tokyomonogatari | 2012-03-13 23:47 | Russia/Soviet | Comments(0)
<< Dragon社 1/35フィギ... Tamiya 35241 [ド... >>