1/48 ミリタリーフィギュアの工作と塗装の基本

タミヤエナメルをBUNSEIDOハイセーブル5/0で塗る。

Tamiya 61103-Z、日本海軍パイロットの一人を塗る。

c0000507_15215936.jpg
↑缶サフを吹く。
c0000507_1522833.jpg
↑ヘッドを塗る。
c0000507_15222072.jpg
↑服の基本塗装。
c0000507_15223268.jpg
↑服に少々明暗をつける。
c0000507_15255652.jpg
↑細部塗装とサングラスの製作。
c0000507_15224325.jpg
↑コクタンブロックに油彩をしみこませたものをベースとして用いる。

c0000507_15225690.jpg
↑袖の日章旗は写真を見ると大小まちまちである。
大きいタイプにしたいため、1/32零戦のパイロットフィギュアに与えられている日章旗を用いる。
c0000507_15235584.jpg
c0000507_1524356.jpg
c0000507_15241229.jpg


------------------------------------------------------------------

Tamiya 61107、アメリカ海軍パイロットの一人を塗る。
c0000507_154728.jpg
↑サーフェイサーを吹く。
c0000507_154161.jpg
↑タミヤエナメルの筆塗りで塗る。
c0000507_1542512.jpg
↑プラ丸棒のスライスと0.1mm銅線でサングラスを作る。
c0000507_1543474.jpg
↑細部を塗る。
c0000507_1544283.jpg
↑LIFE誌の1943年7月19日号を持たせる。

-------------------------------------------------------------------

Tamiya 61103-Z、日本海軍パイロットの工作・塗装過程。

c0000507_23292921.jpg
↑Tamiya 61103-Zは、日本海軍パイロットインジェクションフィギュア史上最高傑作、フィギュアモデラー必携だと思います。

(1)Tamiya 61103-Z 工作編

c0000507_23292310.jpg
↑ニッパーでゲートを少し余してカット。

c0000507_23291884.jpg
↑ニッパーによるゲートカット終わり。

c0000507_23291216.jpg
↑デザインナイフでゲート処理。

c0000507_2329641.jpg
↑デザインナイフでパーティングラインのカンナがけ処理を行ってから、指の間を切って開く。

c0000507_23285715.jpg
↑デザインナイフで航空手袋の指の間を切って開き、刃の先端で手袋の開口部を軽く彫る。

c0000507_23285092.jpg
↑ドリルで襟の内側を開口。

c0000507_23284591.jpg
↑ドリルの径を大きくして更に開口。

c0000507_23283967.jpg
↑開口部の形状をデザインナイフで整える。

c0000507_23283172.jpg
↑右腕を接着。

c0000507_23282328.jpg
↑左腕を接着。

c0000507_23281630.jpg
↑左手を仮組みすると、やや手が長く露出しすぎている印象。

c0000507_23281097.jpg
↑左手首を若干短くカットする。

c0000507_2328395.jpg
↑左手を接着。

c0000507_23275865.jpg
↑襟の内側の開口部に沈める度合いを調整しつつ、ヘッドを接着。

c0000507_23275371.jpg
↑1/48の瞳を筆の先で描く自信が無いので、事前に彫刻しておく。マチ針で瞳の部分を彫り窪める。

c0000507_2327483.jpg
↑デザインナイフで半長靴の底を彫る。

c0000507_2327373.jpg
↑0.8mmピンバイスで靴底に穴を開ける。

c0000507_23273019.jpg
↑爪楊枝の先端を若干カットしたものを挿し込み、塗装時の持ち手にする。


---------------------------------------------------

(2)Tamiya 61103-Z 塗装編

c0000507_23272340.jpg
↑サーフェイサーを吹く前に、これまでの工作で付いたであろう手垢、油分を落とすために洗って良く拭う。
 「ビオレU 泡で出てくる薬用ハンドソープ」を愛用。

c0000507_23271227.jpg
↑タミヤのファインサーフェイサー・仕上げ用ライトグレイを紙コップに吹き、しばらく置いてガスを抜く。

c0000507_232712.jpg
↑エアーブラシでファインサーフェイサー・仕上げ用ライトグレイを吹く。
 エアーブラシはタミヤの0.2mmスーパーファインを高校時代から愛用。これしか持っていない。

c0000507_23265482.jpg
エアーブラシで吹くにはやや粘度が高くなったサーフェイサーを筆塗りして顔を整える。
c0000507_23264752.jpg
↑航空服の襟にサーフェイサーを筆塗りし、デザインナイフで刻んでファーを表現する。

c0000507_2326399.jpg
↑顔を綿棒で軽く研磨する。

c0000507_09525.jpg
↑フラットブラック+ジャーマングレイで瞳を塗る。

c0000507_09433.jpg
↑フラットブラック+ジャーマングレイでまゆ毛を引く。

c0000507_09358.jpg
↑レッドブラウン+フラットブラックを希釈したものを暗部に流す。

c0000507_092772.jpg
↑フラットフレッシュ+フラットホワイトを暗部を残しつつ塗る。

c0000507_091775.jpg
↑フラットフレッシュ+フラットホワイト+フラットレッド少量で、赤みを加える。

c0000507_0111468.jpg
↑フラットフレッシュ+フラットホワイトで明部を塗り、これまでに用いた色で調整。
 顔の輪郭と航空帽の境目をはっきりさせるために、フラットブラック+ジャーマングレイを希釈して流す。

c0000507_171748.jpg
↑肌色を調整しながら、レッドブラウンで航空帽の下塗り。
 航空帽の内側のファーはフラットホワイト+フラットベース。

c0000507_18134784.jpg
↑レッドブラウン+フラットブラック+フラットベースで、航空帽と襟のファーの暗色を塗る。
c0000507_18133969.jpg
↑フラットブラック+レッドブラウンを希釈して、航空半長靴をさらっと塗る。
c0000507_18133444.jpg
↑航空手袋をレッドブラウン+フラットブラックで塗る。
c0000507_18132747.jpg
↑レッドブラウン+フラットブラック+フラットベースで航空服の暗色を塗る。
c0000507_1846301.jpg
↑レッドブラウン+デッキタン+フラットベースで航空服の基本色を塗る。

c0000507_0332617.jpg
↑救命胴衣をデッキタン+フラットベースで塗る。

c0000507_0331811.jpg
↑救命胴衣の膨らんだ部分をRLMグレイ+デッキタン+フラットベースで塗る。

c0000507_0363960.jpg
↑航空眼鏡のガラス部をクリヤー+クリヤーオレンジ少量で塗る。

c0000507_3115466.jpg
↑ベースを作る。東急ハンズで購入した30mm立方のコクタンブロックにエポキシパテを盛る。
c0000507_3114571.jpg
↑歯ブラシで地面の凹凸をつける。
c0000507_3295763.jpg
↑フィギュアをフィットさせる。
c0000507_3113161.jpg
↑エポキシパテが硬化したらフィギュアをはずす。
c0000507_3112390.jpg
↑デッキタン+カーキ+フラットベースで地面を塗る。
c0000507_23113093.jpg
↑各部の塗り残し、はみ出しを修正しつつ、デッキタン+レッドブラウン+フラットベースで航空服にハイライトを入れ始める。
by tokyomonogatari | 2011-11-12 19:49 | ☆フィギュア模型の基本 | Comments(0)
<< 1/35 ミリタリーフィギュア... Fine Molds FM-2... >>